2次面接以降の通過率を上げるために意識することとは?

2次面接以降の通過率を上げるために意識することとは?

2015/03/30

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんから寄せられた疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「2次面接以降、どんな点に注意をして面接に臨めば就活成功への道が開けるか?」という質問です。


<就活生からの質問>

1次面接は、ほぼ100%通過できます。しかし、2次面接以降の通過率がグッと下がります。2次面接、そして最終面接へと進むにつれて、どのようなことに注意すればよいでしょうか。


<就活の真実 事務局からの回答>


1次面接の内容と矛盾点がなく、志望理由をロジカルに分かりやすく伝えよう


注意点はいくつかあります。まずは矛盾点がないかの確認です。1次面接で問われた内容を2次面接でも聞かれた場合は、本当の事を話しているかを注視されている可能性があります。矛盾点があれば当然評価は下がります。

また、学生の絞り込みを行う上で「本当に当社を志望しているのか」についての見極め具合も厳しさが増します。たとえどんなに優秀な学生であっても、企業側が「この学生は志望度が低い」と判断してしまえば、当然不採用にします。

つまり「なぜこの企業を選び、就職したいのか」という本気の理由を、ロジカルに分かりやすく熱意をこめて説明できるか否かが、大変重要なのです。頑張ってください。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ