学生の魅力を引き出す! 企業のおもしろ採用

学生の魅力を引き出す! 企業のおもしろ採用

2014/12/04

ニュース&コラム

関連キーワード:

学生の魅力を引き出す! 企業のおもしろ採用

就活というと、まずはエントリーシートを企業に提出、数回の面接を経て内定、という流れが一般的になっています。そんな中、自社が求める人材に出会うため、ユニークな採用試験や趣向を凝らした取り組みを行う企業も増えています。そこで、最近話題になった、企業のおもしろ採用方法をいくつかご紹介します。

■チームラボ株式会社 「卒制/卒論採用」
チームラボでは、学生生活の集大成である卒制や卒論で選考を受けることができる「卒制/卒論採用」を実施。応募は規定のフォームから氏名・連絡先・卒制の3点を送るだけでOK。自己PRや志望動機、学歴など一切不問で、「卒制/卒論」だけで評価するこの試み。勉強を一生懸命がんばってきた学生にとってはうれしい採用方法ですね。

■面白法人カヤック 新卒採用企画「1社だけの合同説明会」
2009年度から毎年、オリジナルの新卒採用を実施している面白法人カヤック。過去には就活生の時間節約のため、「会社説明会バス」で全国に出向き、日本を縦断しながら説明会を行うなど、一風変わった取り組みをしてきました。2014年度は「1社だけの合同説明会」と称した会社説明会を実施。「エンジニア」「HTML5」のほか、「ギネスに載った男」「アイドルオタク」「退職者」といったさまざまな社員ブースを設置し、就活生が気になる社員と直接話すことができる機会を設けました(2014年1月に実施)。今後はどんな面白採用を実施するのでしょうか?

■ディーゼルジャパン株式会社「Brave採用」
ディーゼルジャパンは、2013年度新卒採用より、従来の4月入社と並行して、10月に入社する「Brave採用」を実施しています。この制度は、卒業後の半年間を、学生が自分らしさを高めるための期間として自由に活用できるというもの。留学するもよし、趣味に打ち込むもよし。夢を叶え、自分を高めるための自由な時間が得られます。社会に出る前により多くの経験を積むことができる、魅力的な制度ですね。

■ライフネット生命保険株式会社「重い課題」
学生が応募する際、企業に志望動機や自己PRなどが書かれた履歴書やエントリーシートを提出することが多いですが、ライフネット生命保険が提出書類として学生に求めるのは「重い課題」というもの。「現在の小学校1年生が大学を卒業して就職する頃には、65%の人が今は存在していない仕事に就くという調査があります。現在から20年後の社会と仕事の変化について、予想してください」など、じっくり考えないとなかなか答えが導き出せないような課題が2つ提示されており、どちらかを選択して回答します。学生の「考えるプロセスそのものを問う」のが目的だそうですが、ほかではあまり見られない、おもしろい取り組みですね。

■ソフトバンクグループ「No.1採用」
あらゆる場面でNo.1を目指すソフトバンクグループは、さまざまな分野においてNo.1の経験を持った学生を採用する「No.1採用」を実施(2015新卒採用プレエントリーは受付終了)。「テクノロジー」「クリエイティブ」「アカデミック」「スポーツ」の4つのカテゴリーで募集をし、これまで、「ロボットコンテスト優勝」「学業成績No.1」「自作小説 文学賞受賞」など、さまざまなNo.1が集まったそうです。実績はもちろん、No.1に至るまでの努力のプロセスなども大切な評価ポイントになるとのこと。誰にも負けないものがあるという方はぜひ挑戦してみては。

どこの企業も、その企業ならではの特色が出ていておもしろいですね。趣向を凝らした採用方法や取り組みを見るだけで、企業の理念や雰囲気が分かるような気がします。採用活動は、企業が人材を見つけるチャンスであると同時に、学生にとっても企業との相性を見極めるいい機会。ぜひ就活生のみなさんは企業研究も兼ねて、いろいろ調べてみてくださいね。

文●うすこ
※各企業の採用サイトを参照。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ