「面倒見がいい」「離職率が低い」が最優先! 条件重視の会社選びはダメですか?

「面倒見がいい」「離職率が低い」が最優先! 条件重視の会社選びはダメですか?

2015/03/25

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

「面倒見がいい」「離職率が低い」が最優先! 条件重視の会社選びはダメですか?

就活生の皆さんから寄せられた疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「働きやすさや雰囲気を会社選びの重点ポイントにしている」という就活生の悩みです。

<就活生からの質問>

私の会社選びのポイントは「従業員を大事にしているか」です。「面倒見がいい」「勤続年数が長い」「離職率が低い」「説明会での印象が良い」などから判断して、エントリーしようと思っています。
しかし、会社選びの基準が前記のような理由では、エントリーシートの記載項目にある「なぜこの業種・業界・企業を選んだのか」「この会社で何をやりたいのか」「あなたの強みを何に生かせるのか」に対して答えることができません。 私の会社選びの考え方は甘いのでしょうか?


<就活の真実 事務局からの回答>

会社選びの基準が「働く環境の善し悪し」だけなら、他の会社でもいいのでは


働く環境を基軸にした志望動機では「本当にわが社で働きたいのか?」と疑問視されると考えます。「離職率が低い」「勤続年数が長い」「面倒見が良い」会社は他にもたくさんあるからです。

「なぜこの会社を選んだのか」、その理由や熱意が全く伝わってこない学生を採用することはないと考えます。会社は「なぜこの業界・業種なのか?」 「この会社で何をやりたいのか?」を答えられないようでは、動機そのものが他の会社にも置き換えることができると判断するでしょう。企業は働きやすさを求める学生を「働くことに否定的」と考え、積極的に採用しない傾向にもあるようです。

再度、自己分析を行い、自分は何をしたいのか、どんな業界に行きどのように活躍したいのか考え直すことをオススメします。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ