出張の多いサラリーマンに聞く、上手なカバン選び&荷物のまとめ方

出張の多いサラリーマンに聞く、上手なカバン選び&荷物のまとめ方

2015/03/22

就活hack

泊まりがけの就職活動。最適なかばんのサイズと上手な荷物のまとめ方は?

泊まりがけの就職活動で、たくさんの荷物を持って出かけるのは大変ですよね。荷物はできるだけコンパクトにまとめたいところですが、つい、あれもこれもと……。気が付けば、予想以上に荷物がかさんでしまうことがあります。上手な荷物のまとめ方を知りたい! 誰か教えて! ということで、大手自動車部品メーカーに勤める山田信吾さん(仮名・31歳/男性)へ相談。月2~3回、2泊3日程度の国内出張に出かけるほか、半年に一度はアメリカや韓国など海外出張へ行くのだとか。山田さんに、上手な荷物のまとめ方を聞きました。

■就職活動に最適なかばんのサイズは「高さ50~80センチ」?

「普通の旅行と違い、かばんにスーツを入れる必要がある場合は、荷物が増えるものです。スーツ、シャツ、革靴、かばんに加え、女性の場合はストッキングや髪留め、男性はネクタイや靴下が必要に。場合によっては就活書類を入れなければいけないこともあります。それらも一緒にしまうわけですから、小さすぎるかばんはNGです。おすすめは両開きのハードタイプのスーツケース。ハンガーを取り付けられ、真ん中にポケット付の仕切りがついているものがおすすめです。一番避けたいのは、移動中に中の荷物がぐちゃぐちゃになってしまい、スーツや書類にシワができてしまうこと。このタイプのスーツケースならシワができる可能性がぐっと下がると思います。ただし、大きすぎるとコインロッカーに預けられない可能性も。高さ50~80センチ程度のスーツケースが手ごろで良いのではないでしょうか」

ちなみに、コインロッカーの大きさは、中型だと「縦55センチ×横35.5センチ×奥行き57.5センチ」、大型だと「縦88センチ×横35.5センチ×奥行き57.5センチ」。超大型サイズは「縦115.3センチ×横35.5センチ×奥行き57.5センチ」ですが、空いていない場合を想定すると、やはり80センチ以内におさめた方が安全と言えそうです。

次のページ続きを読む>中身がきれいなままなの梱包とは

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ