【卒業旅行どうする?】はじめての「富士急ハイランドおどおど」を解決(アクセス・料金編)#あつまれ!_おどおど学生。

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

お気に入り!

あとで読む

写真提供:富士急行株式会社

『富士急ハイランド』は、山梨県富士吉田市にある人気テーマパークです。都心から離れた場所にあるので、初めて行く場合はどのようにして行けばいいのかアクセスに迷うかもしれませんね。本シリーズ記事では、『富士急ハイランド』を運営する『富士急行株式会社』宣伝部協力の下、「富士急ハイランドおどおど」の解決方法をまとめています。今回は「『富士急ハイランド』へのアクセス」と「料金」についてご紹介します。ぜひ、学生旅行や卒業旅行計画の参考にしてみてください。

【診断】「恋愛おどおど」のあなたへ「恋愛力」をチェック!

おどおど解決ポイント
1.富士急ハイランドのアクセスを知ろう
2.入場料やフリーパス料金は?

『富士急ハイランド』へのアクセスは?

まずは『富士急ハイランド』へのアクセス方法をまとめました。

●電車の場合

『富士急ハイランド』の最寄り駅は富士急行線の「富士急ハイランド駅」です。新宿駅からの場合、JR中央線で「大月駅」まで行き、そこから富士急行線に乗り換えて「富士急ハイランド駅」まで行きましょう。所要時間は約110分です。また、東京駅からの場合も、JR中央線で新宿駅を経由して「大月駅」に行き、富士急行線に乗り換えです。所要時間は約120分。電車の場合、都心からはだいたい2時間ぐらいかかると覚えておくといいでしょう。

●車で行く場合

車で行く場合は、中央自動車道に乗って「大月JCT」を経由し、「河口湖I.C」を降りるとすぐの場所に『富士急ハイランド』があります。東名方面から行く場合は、東名高速道路の「御殿場JCT」から新東名高速道路の「新御殿場I.C」方向に進みます。次に、「新御殿場I.C」で高速を降りて138号線を東富士五湖道路「須走I.C」方面に進み、「須走I.C」から「富士吉田I.C」まで行きましょう。あとは「富士吉田I.C」で降りれば『富士急ハイランド』に到着です。

●高速バスの場合

『富士急行株式会社』宣伝部によると、「新宿駅や、東京駅からの高速バスのご利用がお勧め」とのことです。例えば、バスの場合は東京駅から約110分で『富士急ハイランド』に到着します。新宿駅からの場合は約100分。首都圏のほか、名古屋、関西など30カ所以上から直通バスが出ているとのことです。

▼こちらの記事もおすすめ!
1.『ラーメン二郎おどおど』#食券購入編
2.『ソロキャンプおどおど』#道具編
3.『蒙古タンメン中本おどおど』#実食編

入園料やフリーパス料金は?

写真提供:富士急行株式会社

『富士急ハイランド』の入園券は無料です。入園窓口で入園券を発行しましょう。ただし、アトラクションを利用する場合は個別に乗車料金が必要になるので、思い切り楽しみたい人はフリーパスを購入しましょう。フリーパスの料金は以下のとおりです。

●オンライン・当日窓口フリーパス料金
大人(18歳~64歳):6,000~6,800円 [税込み]
中高生:5,500~6,300円 [税込み]
小学生:4,400~5,000円 [税込み]
幼児(1歳~)・シニア(65歳~):2,100~2,400円 [税込み]
※日によって料金が変動します

●アフタヌーンパス(午後より販売・利用開始のアトラクション乗り放題のチケット)
大人(18歳~64歳):4,100~4,900円 [税込み]
中人:3,800~4,600円 [税込み]
小学生:3,500~4,100円 [税込み]
幼児・シニア:1,700~2,000円 [税込み]
※日によって料金が変動します

『富士急行株式会社』宣伝部によると「富士急ハイランド公式アプリで事前に購入して来園した方がスムーズなご案内ができます」とのこと。現地窓口の場合は混雑する可能性もありますから、事前にオンラインで購入しておきましょう。

⇒『富士急ハイランド』「チケット料金」
https://www.fujiq.jp/ticket/detail.html

また、「大人数でご来園かつご宿泊を伴う場合は、オフィシャルホテルの宿泊とセットで購入すると富士急ハイランドのフリーパスをお得に購入できます」とのこと。季節ごとの「学生向けの宿泊プラン」が実施されることもあるので、宿泊込みで『富士急ハイランド』に行く場合は、宿泊とセットのプランを検討してみましょう。

解決!!「富士急ハイランド」おどおど

「『富士急ハイランド』へのアクセス」と「料金」についてご紹介しました。初めて行くという人は、ぜひ覚えておきましょう。特に、ホテルなどとのセットプランは、それぞれ別に予約するよりもお得になります。お得なプランが提供されているかどうかチェックしておくことをお勧めします。雄大な富士山を望む『富士急ハイランド』は、学生旅行や卒業旅行にもぴったり。早めに予定を立ててぜひこの機会に行ってみてはいかがですか?


文:大西トタン@dcp
編集:マイナビ学生の窓口編集部
取材協力・写真:富士急行株式会社
https://www.fujikyu.co.jp/

⇒『富士急ハイランド』 https://www.fujiq.jp/

関連記事

1.はじめての「富士急ハイランド」#アトラクション編
2.はじめての「富士急ハイランド」#より楽しむコツ編

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

株式会社デジタル・コンテンツ・パブリッシング
編集プロダクション。コンテンツを制作する「よろず屋」です。取材をして原稿を書き、編集、校正を行って多くのWebメディアに納品しています。https://dcp.jp.net/

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催