スリラー×ヒューマン!?こわいだけじゃないスリラー映画は面白い!映画『ダニエル』公開直前!学窓ラボエンタメ部座談会

学窓ラボ事務局

お気に入り!

あとで読む

みなさんは「スリラー映画」をご存じですか?

ホラー映画と同じように観客の緊張感や不安感を煽るスリラー映画。映画『ダニエル』は、ホラーやスリラー映画が苦手な方からも「面白い!」という声が多数あがっている作品なのだそう。

今回は、そんな映画『ダニエル』を、ホラーやスリラー映画に苦手意識のある大学生を含めた6人の学窓ラボエンタメ部女子メンバーに観てもらい、率直な感想や映画の考察などを、楽しく共有した座談会の様子をお届けします。

スリラー映画に興味がある方、チャレンジしてみたい方はもちろん、映画を観終わった後に読むと一緒に考察した気分になれると思います!

作品は、世界的大ヒットシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』の主演でも知られるイライジャ・ウッドが製作を手掛け、内気で繊細な青年と、圧倒的カリスマ性を持つ“空想上の親友”『ダニエル』、両極にある二人の恐ろしくも美しい関係を描いた新感覚〈イマジナリー×スリラー〉。ハリウッドを代表する若き二世俳優たちが二人の男を演じ、そのイケメンぶりも話題です。

メンバーはこちら!

ちひろちゃん
1年

普段から映像作品を観るのが好き。アニメもホラーもジャンル問わず観たい。

いづみちゃん
1年

スリラー・ホラー映画は苦手。ハリーポッターが好き!

あいちゃん
3年

ホラー映画は脅かされるから苦手。スリラー映画は初めて。洋画が好き。

みずきちゃん
4年

友達と月に1回ホラー鑑賞会をするくらい好き!

あいこちゃん
4年

ホラー映画はあまり観ないけど、映画を誰かと一緒に考察したり感想を言い合うのが好き

てれさちゃん
1年

映画はあまり見た事がないけど、これを機に観始めたい。ホラー映画に興味あり!


STORY

両親の離婚により孤独な幼少期を過ごしていたルーク(マイルズ・ロビンス)。心に大きな傷を負った彼の拠り所は、ダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)という名の、自分以外には見えない親友の存在だった。

ある事件をきっかけにそんな“空想上の親友(イマジナリーフレンド)”を封印したルークだったが、時が経ち不安と孤独に苛まれたことで長年の封印からダニエルを呼び起こす。カリスマ性に溢れ妖しくも美しい魅惑的なダニエルは、孤独なルークにとって再び“唯一の理解者”となっていく。やがてルークの生活は一変。すべてが順調に進み、いつしかダニエルを必要としなくなるが、ダニエルはそれを許さず、次第にルークを支配しようと動き出す―。


Q、まず、率直な映画の感想を教えてください!

あいちゃん

すごく面白かったです!

幼いルークとダニエルが楽しく遊ぶ様子にほっこりして、怖い映画は苦手だけど、「意外と平気かも!?」と思いました。

でも、ところどころびっくりするシーンがあったので、「ああそうだ、スリラー映画だったんだ」って思い出しました(笑)。ダニエルの狂気がエスカレートしてルークを乗っ取ろうとするシーンや、クライマックスではこんな感じ(手を目の前で広げて覆いつつ、指の間から観るしぐさ)で観ていました。

ドキドキハラハラして、ワクワクがあって、いい意味で疲れるというか。観終わった後の満足感がすごかったです。想像とは全く違うラストで、人の心理を題材にしているだけに一筋縄にはいかない展開だなと思いました。予想を裏切られる結末で、すごく驚きましたね。

いづみちゃん

冒頭は怖い要素を感じずに観ることができました。

幼少期のシーンで、ルークのお母さんがダニエルに話しかけるシーンで怖さを感じました。お母さんにはダニエルが見えないから目線が合っていなくて..。全体的に私には怖くて、観終わるのが大変でした。

でも物語の内容がすごく詰まっていて描写が細かくて丁寧だったから、余計に怖さを感じ取ってしまったのかもしれないです。ずっと緊張し続ける感じがあって、ハラハラしていました。

ちひろちゃん

私はジャンルを問わずに映画をよく観ますが、この作品の概念そのものが新しいなと感じました。要所要所に写真や絵が効果的に映し出されていて、演出やキャストも含めて芸術作品のような美しいスリラー映画って斬新だなと思いました。

この作品はどちらかというと、悲しい話だなと思いました。 ダニエルっていう歪んだ人格がルークの心の中に生まれてしまった原因は、幼少期の家庭環境だったり。ルークは何も悪くないのに、そういったものが宿ってしまったのは悲しいなと思いました。心にくる映画でしたね。

みずきちゃん

怖いだけではないスリラー映画だと思いました。面白かったです!

「ファイトクラブ」に似ているのかなと予想して見始めたけど、どんなストーリー展開なのか想像がつかなくてワクワクしました。印象的なシーンも多かったし、あと照明が効果的で。映画館のスクリーンで観たいと思いました。


Q、印象に残ったシーンは?

みずきちゃん

ダニエルが赤いスーツを買いに行くシーンが印象に残りました。


それまでのルークの良き理解者であったダニエルとはがらりと雰囲気が変わって。同じ役者さんとは思えない素晴らしい演技に惹きつけられました。

ちひろちゃん

赤って攻撃的に感じる色だから、ダニエルの攻撃性を表現しているのかなと思いました。

ルークとキャシー(ルークのガールフレンド)がトイレのオブジェの壁をこわしていくシーンが、物語の後半で自我のレンガの城の壁が少しずつ破壊されるシーンにつながっているように感じて、そこはきれいな伏線回収だなと思いました。

クライマックスも感動しましたね。

あいちゃん

私が一番感動したのは、クライマックスのルークとダニエルがもみ合うシーン。


もみ合う中でも、幼少期のルークにとってダニエルが良き遊び相手で親友だったころの、ふたりがほうきを剣に見立てた戦い遊びや、パラシュート遊びが思い起こされて・・。「ほうきだ!!」って思わず叫んじゃいました(笑)

なんだかんだありつつも、ふたりの関係性を思ってとても感動しました。

あいこちゃん

ところどころルークの顔が崩れていくようなシーンには目がくぎ付けになって、食い入るように観てしまいました。

突然ダニエルが背後にいるシーンには驚きました。


Q、ホラーが苦手な理由によくある、「脅かし」「グロさ」はどうだった?

いづみちゃん

ふいをついて脅かされるようなシーンはあまりなかったけど、ずっと緊張しながら観ている感じでした。

前半、大人になっても内気な性格のルークにダニエルが協力するシーンでは「ダニエルいいやつじゃん!」と思ったぶん、ダニエルの狂気がエスカレートしていく後半は怖かったです。

でも、 前に観たことのあるホラー映画とはだいぶ違った感覚があったな。私はハリーポッターシリーズが好きなんですけど、ハリーとヴォルデモートに似た関係性をルークとダニエルに感じました。 

ただただ怖いだけの映画という感じではなかったです。

あいちゃん

脅かされるようなシーンはあまりなかったかなと。私は驚かされるシーンが一番苦手なので、観やすかったです!

ちょっとグロいところは、こんな感じ(手で目を覆いつつ覗き見る)でした。

てれさちゃん

夜眠れなくなったり、ふとした瞬間に映画のワンシーンや不快な感情が蘇るのが怖いからホラー映画は苦手です。この作品も自分には怖すぎました..。想像よりも目を背けたくなるシーンが多かったように感じました。

ちひろちゃん

もっとこわいシーンやビックリするシーンがあると思っていたけど、「あれ?どこが?」ってくらいでした(笑)


ルークの顔が歪むところとかグロさを感じるシーンもあったけど、程よくいい感じに抑えられていて怖い映画が苦手な人にも観やすいなと思いました。

スリラー映画だけどハートフルな要素もあって、「スリラー・ヒューマン映画」という感じの作品かもしれないですね。


Q、主演のキャストのふたりはどうだった?

あいちゃん

イケメンでした!(笑)

てれさちゃん

お顔がきれいでした。

ちひろちゃん

ダニエルが赤いスーツを着たあたりから特に、彫刻のように美しかったですね。あらすじにある「妖しくも美しい魅惑的なダニエル」という表現がぴったりでした。


Q、この作品を誰と一緒に観たいですか?

ちひろちゃん

映画が好きな友達と観たいかな。解釈が分かれる作品だと思ったので、話し合う相手がほしいなと思います。

あいちゃん

映画館の大きなスクリーンで観るとちょっと怖そうで勇気がいるから、友達と行きたいですね。観た後に誰かと話して怖い気持ちをスッキリさせたい(笑)。

いづみちゃん

めちゃくちゃ仲のいい友達と手をつないで行きますね(笑)


まとめ

さわやかな青春映画をイメージするような、明るいポスターからは想像できないスピーディーな展開で、ホラーやスリラー映画が苦手なメンバーの感想は真っ二つに分かれました。 

あいちゃんのように怖い映画が苦手でも「面白かった!感動した」という子もいれば、いづみちゃんやてれさちゃんのように「観終わるのが大変だった」という子も。

共通していたのは、ただただ怖い映画だったわけではなく伏線回収がきれいなストーリー性のある展開で、ルークとダニエルのつながりに感動した、という感想でした。(あとイケメン)

違ったジャンルの映画に挑戦してみたい方にオススメの作品です。是非映画館に足を運んでみてください!


作品紹介

映画『ダニエル』2021年2月5日(金)
新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン(池袋)ほか全国公開!

製作:イライジャ・ウッド
監督・脚本:アダム・エジプト・モーティマー
キャスト:マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー
配給:フラッグ
公式Twitter:@danielmoviejp

©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED. 【R15+】




あなたも学窓ラボメンバーになりませんか?

▼こちらをチェック!

▼先輩の声はここからチェック!
「学生の一歩先へ」その経験とは?学窓ラボメンバー座談会!

学窓ラボ事務局

学窓ラボ事務局

学窓ラボは、メディアを創る私たちと一緒に、学窓の中の人として活躍する仲間です。大学生によりリアルな情報をお届けするために、社会と学生の橋渡しをお願いします。この経験が、あなたのいまと未来の「きっかけ」になりますように。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催