タンザニアのスーパーで買い物をしよう! 日本との違いは?|#インスタ映え@アフリカ

ASANTE PROJECT
2018/10/22
海外旅行
あとで読む

こんにちは、ASANTE PROJECTです。ASANTE PROJECTは、タンザニアの未就学児に学びの場を届けるために集まった団体です。さて、今回は私たちが実際に訪れたタンザニアのスーパーを紹介していきます。

タンザニアのスーパーってどんな感じ?

私たちはいつもタンザニア渡航の際に、ホームステイという形で現地のあるご家族の家に泊まらせていただきます。そのお宅は、私たちがボランティア活動のメインにしている幼稚園や先日紹介させていただいた市場、バガラも近くにあり、とてもアクセスがいいところにあります。バガラにもよく訪れていたのですが、今回ご紹介するのはこのバガラとはまるでちがう、日本のスーパーと変わらないような大きいマーケットについてです。

ホームステイ先から車で少し行くと、ちらほらとショッピングセンターのような大きな建物を見かけるのですが、まさにその建物中に大型のスーパーがあります。
まず、タンザニアのスーパーはとにかく広いです。さらに売っている商品のサイズもどれも大きいものばかりです。まとめ買いには最適といったところでしょうか。

また、一つの商品の中でも種類が豊富で、例えばコーヒーだけでもこれだけの棚にびっしり、たくさんの種類がこれでもかと並んでいます。私もお土産用のコーヒーを選ぶときには、どれを買ったらよいのか迷ってしまいました。

日本と全然違うタンザニアのスーパー

タンザニアのスーパーは面積が広い割にお客さんは少なく、日本のように狭い中でお客さんで溢れかえっているスーパーとは全く異なります。

日本と違うのはそれだけではありません。タンザニアにあるすべてのスーパーがそうなのかは分かりませんが、私たちが訪れたスーパーでは最初に荷物を預かるカウンターがあり、そこに荷物を置いていかなければスーパーの中に入れませんでした。大量買いするのに荷物は邪魔だから預かっておいてあげよう、もしくは盗難防止のためなのではないと思いますが、実際どういう意図で作られたルールなのかはわかりません。日本ではなかなかない、興味深いシステムですよね。

まとめ

アフリカ、タンザニアと聞くと屋台が並んでいるような市場や、小さくてさびれたお店が道端に少しだけあるような風景ばかり想像してしまいがちですが、実はそんなことはありません。車で少し都会に出れば、日本とはルールが少し異なっていますが、大きなスーパーもあるのです。ぜひ、タンザニアに限らずアフリカを訪れた際は、現地のスーパーに立ち寄ってみてください。さらに何かおもしろい発見があるかもしれません。

写真・文:ASANTE PROJECT

関連記事

この記事を書いた人

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催