バガラってどんなところ? 知られざるタンザニアの現地マーケット|#インスタ映え@アフリカ

ASANTE PROJECT
2018/08/31
海外旅行
あとで読む

こんにちは、ASANTE PROJECTです。ASANTE PROJECTは、タンザニアの未就学児に学びの場を届けるために集まった団体です。

今回ご紹介するのは、タンザニアの知られざる現地マーケット、「バガラ」についてです。

タンザニアの現地マーケット

バガラって、どんなところ?

バガラ(=Mbagara)は、タンザニアの大都市ダルエスサラームの州の地名で、現地の人々はそこにある大規模な市場を「バガラ」と呼んでいます。

バガラには観光客がほとんどおらず、どちらといえば現地の人々の生活を実際に垣間見ることができる場所です。下の写真のように、大きなメインストリートにブルーシートやらテントやらを張って、それぞれの商品をところかまわず陳列しています。

商品なのに何もかも地べたに置く……少し衝撃の光景ですね。日本では絶対できないでしょう。まるでフリーマーケットのようです。

バガラでは何が売られているの?

現地の方々は、ここで生活用品や衣食を調達しているようで、バガラには本当にさまざまなものが売られています。東アフリカの伝統布カンガ、キテンゲなどはもちろんですが、他にも靴、服、タバコ、酒、肉、生魚などなど……。  

バガラでは何が売られているの?2

直射日光にあてられているので、食べ物に関しては少し衛生面が気になるところですが……(笑)。

中には、CDやDVDのような「なぜこれがここで売られているんだろう……? 」と思う商品を見かけることもありました。

バガラでは何が売られているの?3

靴に関しては、日本で買うといいお値段がするようなブランドものもたくさん売られていました(もちろん偽物だとは思いますが……)。

実際にバガラでブランドものらしきサンダルを購入したASANTE PROJECTメンバーがいましたが、約5ドル購入できたそうです。

バガラの魅力……いろんな人がいること

バガラには個性豊かなな人たちがたくさんいます。制服を着た学生、よぼよぼのおじいさん、そしてなぜか日本語をしゃべれるおじさんまで……(実際に日本語で絡まれたことも)。

バガラの魅力…いろんなひとがいること

ASANTE PROJECTのメンバー10人ほどと共に行きましたが、現地の人々にとってバガラに日本人がいることが物珍しいのか、とても注目されました。

また、何人かの女子メンバーは軽く腕をつかまれたり、肩を叩かれたりするなど、少し強引な勧誘をされている場面も見かけられましたので、女性がバガラへ訪問する際は少し気をつけたほうがいいかもしれません。

しかし、やはり現地の方々が利用している市場だけあって、タンザニアのパワーというか、現地の人々の生活を感じることができて、とてもおもしろいスポットでした!

まとめ

あらゆるものがところかまわず並べられていて、なかなかカオスなバガラ。日本では見られないような光景が見たい、現地の人々の生活を知りたい、そして刺激がほしい……そんな人にとってはぴったりのスポットかもしれません。 

文・写真:ASANTE PROJECT

関連記事

この記事を書いた人

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催