ペルーのおすすめ観光地20選! マチュピチュだけじゃない、一度は訪れたいスポットを紹介

学生の窓口編集部(S)
2017/12/07
海外旅行
あとで読む

ペルーのおすすめ観光地20選! マチュピチュだけじゃない、一度は訪れたいスポットを紹介
ペルーと聞いて思い浮かぶのはどんなイメージでしょうか。マチュピチュ、コンドルが飛ぶ国、ナスカの地上絵などが思いつきますが、それ以外にもペルーの観光名所はたくさん。私たちは、まだまだ隠れたペルーの魅力を知りません。幸運にもペルーへ行くチャンスに恵まれたのなら、ぜひ行って体験してきてください。穏やかな人たち、目に鮮やかな衣装や真っ赤な夕日など、すべてが新鮮できっと深い感動をもたらすでしょう。ペルーに行くならハズせない、おすすめの観光地を20箇所ご紹介します。

▼こちらの記事もチェック!
トルコのおすすめ観光地20選! 歴史を感じる観光スポットを紹介

■ペルーの治安

ペルーは日本のように安全が保障されているわけではありません。しかし、いくつかの注意を守ればツアーではなく、個人旅行でも充分楽しく旅行できます。一方空港のあるカヤオ特別市は治安がよくないため、空港からホテルまではタクシーで速やかに移動しましょう。その際も不用意に窓を開けたり、窓のそばに貴重品の荷物を置かないこと。バリアダーストと呼ばれるスラム街や、比較的安全と言われるリマでも観光地以外の路地奥へは行かないようにしましょう。日没後は特に注意が必要です。

お金はいくつかに分散して持ち歩くことをおすすめします。旅行だからとおしゃれしたいところですが、被害に遭わないためには「目立たない普通の格好」で地元民と馴染んだほうが安全です。

■時差

14時間遅れです。日本がお昼12時のとき、ペルーは前の日の夜22時です。サマータイムはありません。

■飛行時間

首都リマへの直行便がないため、必ずどこかを経由してペルーに行くことになります。アトランタやトロントなどを経由し、約21時間ほどでペルーに到着。乗り換えなどの待ち時間を入れると成田からほぼ1日から2日かがりで向かうことになります。地球の裏側ですから仕方がありませんね。

■ペルー観光にかかる旅費

ペルーへの航空券だけなら往復で7万円代から出ています。その分乗り継ぎが不便だったり時間がかかったりするのでフライト情報はしっかり確認しましょう。ツアーは6日間添乗員付きで20万円を切るものも出ています。おおよそですが、8〜10日間のツアーで30万円から50万円くらいです。ペルーへの旅行費用は決して安くはありませんが、添乗員付きで安心ですのでどのプランが自分になっているのかしっかり検討した方がいいでしょう。

■言語

公用語はスペイン語とケチュア語。ケチュア語とは南アメリカの一部の地域だけで話されている言語で、ペルーの他にボリビアやエクアドルなどでも話されています。観光地は英語も通じやすいですが、簡単なスペイン語が話せると旅がもっと楽しめるかもしれません。

■その他のペルー観光の際の注意事項

太平洋側に面しているペルーは魚介類が豊富に取れ、食事がおいしい国です。しかし、生水や、怪しげな場所での食事には重々注意しましょう。渡航前に保険に入ることもお忘れなく。海外での入院、治療は大変高額になることが多いです。

また、マチュピチュなど高所にある遺跡へ向かうときは高山病の危険を留意しましょう。その場に行かないと自身が高所に大丈夫な体質かどうかわからないため、少しでも体調が悪いと思ったら無理をしないことです。

次のページペルーのおすすめ観光地は?

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「学割・お得」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催