DTPとはどういう意味? DTPオペレーターになるにはどうすればいい? 2ページ目

編集部:いとり
2017/07/14
仕事を知る
あとで読む
目次
  1. ■DTPデザイナーやDTPオペレーターってどんな仕事?
  2. DTPオペレーター、デザイナーに必要な資格とは
  3. DTPデザイナーやDTPオペレーターの気になる給与は?

■DTPデザイナーやDTPオペレーターに必要なスキルは?

DTPデザイナーに求められるのは、まず第一にデザイン能力です。どのようなレイアウトにするか、またどういった色を使うかなどは、学んだり、経験を積まないとなかなか身に付くものではありませんから、デザイナーになりたい場合はまずデザインの勉強をするべきです。

早い段階からデザイナーを志している場合は、美術系の大学や専門学校で学ぶなどできますが、すでに大学生や社会人である場合は、空いた時間にデザインを学ぶスクールに通うなどするといいでしょう。あまり多くないですが、未経験可のデザイン系の会社に入り、基礎からみっちり学ぶのも一つの手段です。もちろんデザインのスキルはDTPオペレーターの仕事にも生かせるものですし、給与にも影響するので、学んでおくに越したことはありません。

また、デザイン能力だけでなく、DTPソフトを使いこなすスキルと知識が必要。現在は『InDesign』がDTPソフトとして主流ですので、DTPデザイナー・DTPオペレーター共にInDesignの操作スキルと知識が必須です。他にも『Illustrator』や『Photoshop』といったソフトも、画像を編集するだけでなくDTPソフトとして用いられることもあるため、スキルと知識は必須といえます。

DTPデザイナーやDTPオペレーターになるための必須の資格はありませんが、「DTP検定」や「DTPエキスパート」といった、DTPソフトの操作技術や知識を評価する検定に合格しておくと、就職の際に有利に働きます。

次のページDTPデザイナーやDTPオペレーターの気になる給与は?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催