コピーライターになるにはどうすればいい? 憧れの職業に就くためのルートとは?

編集部:いとり
2017/07/13
仕事を知る
あとで読む

街中に貼られている広告やテレビCMで登場する「キャッチコピー」。その商品や会社、またイベントなどを広く知ってもらうために欠かせないものですが、このキャッチコピーを考えるのが「コピーライター」です。しかしどうすればコピーライターの仕事に就けるのか、知らないという人も多いでしょう。そこで今回は、「コピーライターになるにはどうすればいいか」についてまとめてみました。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■コピーライターになるには?

コピーライターになりたい場合、

1.広告会社、広告代理店に入社する
2.コピーライティングを行うプロダクションに入る
3.フリーランスで活動する

この3つのパターンがあります。1の「広告会社、広告代理店に入社する」については、新卒、また中途採用で広告を取り扱っている企業に入り、コピーライティングを担当する部署に配属されることで、コピーライティングの仕事を担当することができます。ただし、新卒で入った場合、希望どおりの部署に配属にならないケースも。また、中途採用の場合は、未経験者を採用することはまずありません。どこかでコピーライティングの経験を積んでいることが前提です。

2の「コピーライティングを行うプロダクションに入る」ですが、広告代理店ではなく、編集や執筆、また宣伝などを広く請け負っているプロダクションがあり、そこに入ることで、コピーライティングの仕事を行うことができます。こちらも新卒と中途採用の2パターンがあります。

3の「フリーランスで活動する」ですが、コピーライターには必須となる資格は存在しないため、「コピーライターです!」と名乗れば、誰でもコピーライターになることができます。ただし、「経験も実績もないコピーライター」に、仕事を依頼する企業はまずありません。ですので、例えばキャッチコピーのコンテストなどでいい成績を残し、名前をある程度広めた上で、フリーランスとして活動するというのが理想です。

次のページコピーライターになるのに必要なこととは?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催