コピーライターになるにはどうすればいい? 憧れの職業に就くためのルートとは? 3ページ目

編集部:いとり
2017/07/13
仕事を知る
あとで読む
■コピーライターの収入は?

コピーライターの収入は、会社員の場合、広告代理店やプロダクションの規模や役職でかなり変わってきます。もちろん規模の大きな広告代理店の場合、大きな実績を挙げ、社のエースとして扱われているなら、年収1,000万円以上ということも考えられます。反対に、あまり実績のない駆け出しなら、サラリーマンの平均年収400万円を下回ることも大いにあり得ます。

また、フリーランスの場合は、仕事の依頼がない場合は、それこそ売り上げ0円ということだって考えられるのです。ただし、実績があり、多くの依頼が来るようであれば収入もそれだけ多くなります。フリーランスは夢がある反面、リスクも大きいと言えるでしょう。

コピーライターになるにはどうすればいいかについて解説しました。商品の魅力を一言で表すキャッチコピーを作るなど、その商品の重要な要素を担当するコピーライターの仕事。大手広告代理店では、1年目から大きな仕事を任されることも多いそうですが、自分の作ったコピーが使われるのはとてもうれしいことです。クリエイティブな仕事を目指している人は、自分の作った言葉で世の中に影響を与えられるコピーライターの道を歩んでみるのはどうでしょうか?

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催