カメラマンになるには 仕事内容と求められるスキル

編集部:いとり
2017/05/23
仕事を知る
あとで読む

写真を撮影する人、またその職業を「カメラマン」と言いますね。最近では「フォトグラファー」という言い方も一般的になってきました。このカメラマン/フォトグラファーは、自営業者の人がほとんどで、いわば自分の腕だけで食べていく仕事です。今回は、カメラマンになるにはどうしたらいいのかを解説します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■カメラマンになるにはカメアシから独立が一般的

カメラマンになるのに資格は必要ありません。極端に言えば、カメラマン、あるいはフォトグラファーといった肩書の名刺を作ればすぐにカメラマンになれます。しかし、それでは仕事は来ませんね。

カメラマンになるには、まずは師匠について仕事の流れや進め方を学び、その中で独立、というパターンが多いです。「カメアシ」といわれるアシスタントから始めて、その中でクライアント、雑誌などのメディアの担当者・編集者と知り合い、師匠の仕事の一方で自分の仕事もする、という流れです。そして力がついたら独立するわけです。

その師匠をどうやって見つけるかですが、これもまた人それぞれです。
かつては写真専門学校を卒業し、そのOBにつくという方法もありましたが、最近ではあまりメジャーとは言えません(ないわけではありません)。また、飛び込みでカメラマンに弟子入りしてそこで修業する、というのも一つの方法です。賞を受賞し、そこで注目されて仕事が来るようになった、といったカメラマンもいます。いずれにせよ、仕事をコンスタントに発注されるようになるには、忍耐と「腕」が必要です。

次のページカメラマンになるには、「修正」スキルも必要?!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催