プログラマーになるにはどうすればいい? 必要なプログラミング言語は?

編集部:いとり
2017/05/14
仕事を知る
あとで読む

昨今、あらゆるものがインターネットとつながる時代ですから、プログラマーの活躍の場も、かつてのスタンドアローンな環境から大きく広がっていますね。プログラマーを目指す人も文型理系問わずどんどん増えています。そこで今回は「プログラマーになるにはどうすればいいか」について解説します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■プログラマーになるには、まず活躍したいフィールドを考えよう!

プログラマーの仕事は「プログラムを書くこと」ですね。でも、ひと口にプログラマーといっても、作成するプログラムがどんなジャンルのものか、動作するプラットフォーム、プログラムのどの部分を作るのか、などでまるで違うスキルが求められます。

たとえば、コンシューマーマシン用のゲームを担当するプログラマーと、Web上の通販サイトの開発を担当するプログラマーでは違うスキルが必要です。ですから、プログラマーになるなら「なにを作りたいのか」をまず考えなければなりません。

担当するジャンルによる区分だけでも下のようなものが挙げられます。

・Web系
・ゲーム系
・パッケージソフト系
・オープン系
・汎用系
・制御系
・通信系

また、それぞれのジャンルのプログラマーには、プログラム制作に使用する言語に特徴があります。たとえば、Web系のプログラマーならhtmlの知識は当然として、使用言語は、

<必要なプログラミング言語>

・PHP
・Ruby/Ruby on Rails
・Python
・Perl

といったものになります。さらに、iPhone用のアプリを制作するのでしたら「Xcode」の知識がないといけませんし、汎用系ではいまだに「cobol」の知識が必要な場面があったりするのです。

つまり、それぞれ担当するプログラムによって向いている言語があります。プログラマーを長く続けるには、どれか一つの言語を知っていればいい、なんてことはありません。誰しもがいろいろな言語を知り、それらを使い分けてプログラムを書いていきます。

次のページプログラマーになるために大切なこととは?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催