プログラマーになるにはどうすればいい? 必要なプログラミング言語は? 2ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

■プログラマーになるには資格よりも実績!

プログラマーになる方法は簡単です。プログラムを書くスキルを身に付ければいいのです。プログラマーは「なにが作れるか・できるか」が大事。とにかくスキルがないと働くことはできませんが、逆にいえば、それさえあれば仕事はあります。

プログラム未経験者をプログラマーとして雇ってくれることがないわけではありませんが、新卒の学生を雇用して社内で育てよう、というケースぐらいでしょう。これも相当懐の深い企業でしかあり得ないことです。

以前IT系企業に勤務していた筆者の実感をいいますと、プログラマーのスキルは本当にピンキリで、プロジェクトでは常に優秀なプログラマーを求めているのです。締め切りとのせめぎ合いがある仕事ですが、優秀な腕さえあれば企業に勤めなくても、フリーとして仕事をしていくことは十分可能です。

最近では、プロジェクトごとにプログラマーを募集するサイトがあったりしますし、ここで修練を積むこともできます。優秀と認められたら優先的に声が掛かるようになったりします。「腕で食える」という意味では、夢のあるお仕事とも言えるかもしれません。

「プログラマーになるにはどうすればいいか」を解説しましたが、いかがでしたか? もし「企業でプログラマーとして勤務したい」というのであれば、やはり大学在学中にコードを書くスキルを磨いておいたほうがいいでしょう。面接の場で、「このアプリは自分が作りました」といってスマホをさっと出せるようになりたいものですね。

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催