小説家になるにはどうすればいい? 在学中にデビューを果たした小嶋陽太郎さんに聞いてみた

学生の窓口編集部(I)
2017/03/01
仕事を知る
あとで読む

大学生のみなさんの中には「将来小説家になりたい」と思う人もいらっしゃるでしょう。でも、小説家になる方法にはどのようなものがあるのでしょうか? 現役大学生のときに小説家デビューし話題になった小嶋陽太郎さんにお話を伺いました。

■小説家になるにはとにかく書くこと! まずは1本書き上げる

小嶋陽太郎さんは、信州大学在学中の2014年、『気障(きざ)でけっこうです』(KADOKAWA)で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞してデビュー。デビューから現在までの2年4カ月で5冊の本を出版。軽快な文体と爽やかな読後感で多くの読者を魅了しています。

――小説家になるにはどんな方法があるのでしょうか?

小嶋さん 僕自身がまだ自分のことを小説家だとは思えていないので、僕がその質問に答えていいのかなあという気持ちがあるのですが……。

――すでに5冊も本を出していらっしゃるので十分「小説家」だと思いますが。

小嶋さん 小説家になるには、当たり前ですが書かないとどうにもならないと思います。1本でも書いて仕上げること。そしてどこかの文学賞に応募すること、が小説家になるためにやらなければいけないことです。誰でもわかるようなことしか言えなくて申し訳ないのですが。

――漫画家になる方法と同じですね。その書くのが難しいと。

小嶋さん 自分の場合は、書いている間はしんどいなぁと思っていることが多いです。でも、とにかく書き上げないと……途中でやめてしまったら小説家としてデビューできる可能性がゼロになるので。書き上げることによって可能性を0から1(よりもっと少ないかもしれないですが)にすることが何より肝心かなと思います。これが越えなければいけない最初のハードルなので。

――「ボイルドエッグズ新人賞」を選んで応募したきっかけは何でしたか?

小嶋さん 文学賞をネットでいろいろ調べたんですが、応募期間がタイミング的にちょうどよかったことと、受賞が決まるまでの時間が短かったことがよかったです。できるだけ早く結果がほしかったので。それから、過去の受賞作、惜しかった作品などに対する講評がホームページに詳しく書かれていたことも大きかったです。ああ、ちゃんと読まれているんだなあと実感できて。それで、ここに応募してみようと。

――それですぐに受賞したのはすごいです。

小嶋さん 僕は「就活の代わりに小説を書こう」と思った人間なので、すぐに結果がわかったのはうれしかったですね。
小説家になろうと思ったら、「書いて応募する」。これが全てかなと思います。そこから先の、例えば技術的なことに関して僕に言えることはひとつもなくて申し訳ないのですが……。

※小嶋さんが作家になろうと思い立った経緯については以下の記事を参照してください。
▼関連記事
ボイルドエッグズ新人賞受賞! 大注目の現役大学生作家・小嶋陽太郎さん「小説家になるしかなかった」

次のページ小説家になるにはどんな心構えが必要?

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催