宇宙飛行士になるには? 必要な条件と求められる資質とは

学生の窓口編集部(I)
2017/05/03
仕事を知る
あとで読む

宇宙飛行士になるには? 必要な条件と求められる資質とは

子供の頃「将来何になりたいですか?」と聞かれて、「宇宙飛行士!」と答えた人もいるでしょう。宇宙飛行士は夢のある仕事ですが、なるためのルートは限られていますし、また非常に狭き門です。今回は「宇宙飛行士になるにはどうすればいいか」をご紹介します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■日本で宇宙飛行士になるにはJAXAの募集を待つしかない!

日本で宇宙飛行士になるには、『国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構』(以下、JAXAと表記)の「宇宙飛行士候補者募集」に応募し、選抜試験に合格しなければなりません。しかも、この募集があるのが数年に1回。
直近の募集は2008年(平成20年)で、直近とはいうもののもう9年も前です。その前に募集があったのは1998年ですから、この2008年の募集は10年ぶりのことでした。10年に1回と考えると、そろそろ来年あたりに次の募集があるかもしれませんね。

いずれにせよ、日本で宇宙飛行士になろうと思ったら、JAXAの募集にタイミングよく応募できる年齢でないと宇宙飛行士になれないのです。

■宇宙飛行士の「候補者」になるのも超難関!

JAXAの募集に応募して選抜試験に合格するとしても、これは非常な難関です。採用人数に対して応募者が多すぎて、倍率が大変高いのです。

●2008年の「宇宙飛行士候補者募集」
 採用:最大3名/応募者963人
 ⇒倍率:321倍

●1998年の「宇宙飛行士候補者募集」
 採用:3人/応募者864人
 ⇒倍率:288倍

このように、JAXAの募集する「候補生」になるだけでも多くのライバルに勝ち抜かないといけません。また、候補生になれたからといって「宇宙飛行士」になれるわけではないのです。NASAでの2年程度の「宇宙飛行士としての訓練」を経て、初めて宇宙飛行士に認定されます。さらに、認定されても宇宙に行けると決まったわけではありません。

本人の技量や、宇宙飛行士同士の関係など、さまざまな要素を加味して、ミッションクルーに任命されるかが決まります。「宇宙飛行士なんだけれども宇宙に行けない」という状況もあり得るわけで、現在でも宇宙に行くことは、簡単には叶えられない夢なのですね。

次のページ宇宙飛行士になるために必要な資格と資質とは?

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催