わかっていても言い間違えそうになる日本語9選「うろ覚えを『うる覚え』」

編集部:いとり
2017/03/04
学生トレンド
あとで読む

普段、なにげなく使っていることばですが、「あれ、本当はどっちだったっけ?」と不安になったり、言い間違えそうになったりした経験はありませんか? 正しい読み方を知っていてもつい口が言いやすいほうを発してしまうということもありますよね。今回は大学生のみなさんに、わかっていても言い間違えそうになる日本語について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
なぜか変換できない言葉10選―読み間違ってるよ!「ふいんき(雰囲気)」「ていいん(店員)」

■わかっていても言い間違えそうになる日本語ってどんなことば?

●「シミュレーション」が「シュミレーション」に

・どっちが正しいのかいつも一瞬わからなくなる(男性/24歳/大学院生)
・聞いていても言ってもどっちかわからないときがある(男性/19歳/大学1年生)
・間違ったほうを覚えていたため(女性/22歳/大学4年生)
・ついシュミレーションになっちゃう(女性/18歳/大学1年生)

●「雰囲気」を「ふいんき」と言う

・ふいんきのほうが言いやすい(男性/19歳/短大・専門学校生)
・たまに間違えて言ってしまうから(男性/21歳/大学3年生)
・話し言葉としてはふいんきのほうが言いやすい(女性/19歳/大学2年生)
・実際に間違って使っている人が多いから(女性/22歳/大学4年生)

●「コミュニケーション」が「コミニュケーション」になる

・発音しづらいから(男性/21歳/大学3年生)
・書くのが間違える(男性/22歳/大学4年生)
・英語で書かないとわからなくなる(女性/19歳/大学1年生)
・どれが正しいのかわからなくなる(女性/21歳/大学3年生)

次のページこんな言葉もわかってても間違えちゃう……

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催