税関検査で止められる! 人気留学先の持ち込み禁止品5選 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●卵、卵製品


アメリカはNG。オーストラリアでは卵そのものは禁止、卵を加工した製品は物によっては没収される可能性があります。イギリスやカナダは持ち込みに制限があります。

身近なものだと、こうしたものが主な持ち込み禁止、または規制されている品になります。「向こうでも日本の味を」ということで、日本製の加工食品をもっていった場合、没収される可能性があります。また食品によっては申告をする必要があるものもあります。申告漏れは罰金を課せられる場合もあるので、該当するか分からない場合はとりあえず申告しておくのがベターでしょう。国によって特徴的な持ち込み禁止品もあり、例えばオーストラリアはサケやマスを使った製品や土や砂の持ち込みが禁止されています。他にも、危険な薬品や違法な薬物、武器なども持ち込み禁止です。これは言うまでもありませんね。

意気揚々と日本を旅立ったものの、留学先の税関で申告漏れや持ち込み禁止品による罰金を払うことになるのは大変もったいないことです。荷造りをする際は、外務省のHPなども参考にして、持ち込み禁止品を入れないように気を付けてくださいね。

(中田ボンベ@dcp)

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催