税関検査で止められる! 人気留学先の持ち込み禁止品5選

学生の窓口編集部
2016/10/14
留学
あとで読む



海外に留学する際、まず気を付けたいのが税関。持ち込み禁止品を知らないで持っていってしまい、没収されたり、罰金を課せられるというケースもまれにあることを知っていましたか? そこで今回は、人気の留学先の「持ち込み禁止品」についてご紹介します。これから留学を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

■留学の際にはうっかり持っていかないように注意!

今回は日本人に人気の留学先である「アメリカ」「カナダ」「イギリス」「オーストラリア」の4カ国の持ち込み禁止品を紹介します。

●肉および肉製品

どの国も生の肉はもちろん、肉を加工したものやエキスも持ち込むことはできません。カップラーメンなど、肉エキスを使った食べ物も没収される可能性があります。オーストラリアの場合は「缶詰はOK」のようです。

●野菜、フルーツ

4カ国とも、生態系保護や病気、害虫を予防するために持ち込みが禁止・制限されています。例えばバナナやみかんを機内に持ち込んだ場合、食べずにそのまま入国しようとするのはNGです。お米はレトルト食品なら可。精米済みのものは申請することで持ち込むことが可能です。

●植物

同じく生態系保護のため、植物や種、また加工されていない植物を使った製品は持ち込むことができません。種を使った工芸品なども禁止です。ピーナツといったナッツ類もローストしていない生のものは禁止になっています。

●ミルク、乳製品

オーストラリアやイギリスは乳製品の持ち込みが禁止です。カナダは一部を除き申請することで可能、アメリカは持ち込み可となっています。ただし、オーストラリアは粉ミルクや特定の生産地の乳製品、イギリスはEU圏内から個人消費のためなら持ち込み可能です。

次のページ他にもこんなものがNG!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催