重いかも……恋人の愛情が重たいと感じたときに試して欲しい対処法3選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

恋人からの愛情が重く、束縛されていると感じたり関係性を苦痛に思ったことはありませんか?そんなとき、試してほしいことが3つあります。恋人と別れることなく、重すぎる恋人との関係性を解消するきっかけが見つかるかもしれませんよ。

■自分を変える

恋人の過剰な思いやりや世話が重いときは、自分に改善点がないかどうか考えてみましょう。相手に変わって欲しいと感じるなら、自分も変わることが必要です。その上で、恋人を大切に思うなら信頼関係が大切であるということを説くことが重要だといえます。世話を焼きすぎる恋人の場合、恋人に対して自分が親や兄姉にでもなったかのような気持ちを抱いていることが多いです。自分を信頼して成長を見守ってほしいという意志をはっきりと伝えましょう。口先だけだと思われないためには、はっきりとした変化を見せることも大切です。たとえば、度を越して時間にルーズ過ぎる場合は、恋人に心配をかけても仕方がない面があります。特別な事情がない限り約束の時間は必ず守り、恋人に口を出す隙を与えないようにしましょう。

■話し合って妥協点を見つける

過剰な愛情から、恋人が束縛したがっていると感じる場合があります。「毎日一緒にいてほしい」というように、恋人からの要求が重すぎるときは、しっかりと話し合って妥協点を見つけましょう。「自分のための時間を週に一回は使いたい」などと、具体的に話をつけることが大切です。その際、あくまでも恋人が一番大切という姿勢を貫きましょう。恋人は大事、しかし他にもしたいことがあるという点を丁寧に伝えることが大切です。お互いのプライベートを尊重し合うことでより愛情や絆が深まるという点を強調し、理解してもらいましょう。一度の話し合いで解決しようとせず、恋人が納得するまで何度も話し合いの場を持つ心構えを持つことも必要です。

■明確な境界線を引く

付き合い初めの頃はたとえ自分にとって意味のない内容のメールや連絡をもらっても嬉しいものです。しかし、付き合いが長くなればなるほど、頻繁な連絡のやりとりに重荷を感じることがあります。そんなときは、一体どうすればいいのでしょうか?恋人があまりにも頻繁に連絡をとりたがることに重荷を感じるなら、たとえば、メールは一日に何回程度までというように明確な境界線を引きましょう。「愛しているから気持ちが伝わっているはず」と、いう考えは盲目的です。境界線をぼやかしたままだと「連絡を喜んでいるはず」と、いう誤解を恋人に与えてしまいかねません。恋人がメールの回数制限に不満を持ったり、不審な感情を抱くのであれば「授業中や仕事中はメールの返信はできない」「緊急性のある内容の連絡ならば何回でもOK」と、いうような具体的な制限を設けましょう。

恋人の行動がありがた迷惑となってしまったときは、二人の間でしっかりと話し合うことが大切です。ここまでは相手のプライベートに入り込んでOKという境界線をぼやかしたままだと、いつまでたっても関係が改善しないことが予想されます。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催