恋人との連絡手段? LINE、メール電話……理想的なカップルの連絡術 

学生の窓口編集部
2015/12/20
恋愛
あとで読む

LINE、メール、電話、スカイプと、今はありとあらゆる連絡方法がありますよね。あなたは恋人と、毎日どれぐらいの頻度で連絡しあっていますか? いつまでも仲のいい二人でいるため、カップルの理想の連絡術について調査しました。


■その日あった出来事を話す

お互い忙しくて余裕がなくなってくると、連絡も味気ない必要事項だけになってしまうことがあります。恋人が連絡にマメでないタイプならなおさらかもしれません。そんなときこそ、意識してその日あった出来事を話し合うことで、二人の気持ちのすれ違いを防ぐことができます。今日はこんなことがあって楽しかった、勉強になったなどポジティブな内容にしましょう。こんな場所を見つけたから、今度一緒に行こう! と誘うのもいいですね。あなたの連絡はいつも楽しいというイメージが相手にできれば、きっともっと愛されるはず!

■重たい内容は時々に

逆に、いくらマメに連絡をし合っているといっても、ネガティブな内容ばかりだと順調な交際は望めないかもしれません。相手に対する文句だったり、忙しくて会ってくれないことへの恨み節、「本当に私の事好きなの?」と相手を疑るような内容ばかり聞かされていたら、あなたとの付き合いは気が重いものになってしまいます。なので意識して会話が弾む内容に持っていくようにするのが大事です。ときには心配事を相談したりするのは、信頼関係のできた間柄ならもちろんOKですが、時々に留めることがポイントですよ。

■相手がマメでないタイプなら

あなたは連絡をマメにしたいタイプだけれど、相手がそうでないタイプの場合って悩みますよね。メールやLINEの返事が来なくてやきもきすることも多いのではないでしょうか。返信をマメにできない人は、悪気があるわけではなく、本当に携帯を見るのを忘れてしまったり、携帯の充電を忘れやすかったりするのです。あなたを不安にさせたい気持ちは微塵もなくても、面倒くさいという気持ちが先に立ってしまっているちょっとだらしないタイプとも言えるかもしれません。ただただ忙しく、余裕がないということもあります。なので、返信が遅いときにしてはいけないのは、自分から何度も何度も連絡したり、返事がないことを責め立てたりすること。家まで押しかけられたりしたら、びっくりするどころか全力で引いてしまうでしょう。相手の気持ちを冷めさせたくないなら、寂しい気持ちを伝える程度に留めて置くのが得策です。

付き合っていくにつれ、最初より連絡頻度が減ったり内容が変化したりするのはよくあることですが、お互いの連絡の仕方を意識して改善することで、関係をマンネリ化させないことにもつながりますよ! いつまでも仲良しカップルでいるために、ぜひ実行してみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催