モラハラ急増中で危険! 弁護士に聞いた、離婚しやすい夫婦の特徴 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/08/11
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. ■離婚原因のTop3はこうなっている!
  2. 奥様側が離婚を申し立てる理由で多いのは?
  3. 離婚の最大の原因はコミュニケーション不足!?
  4. どんな異性に気をつけるべき?

●「物理的な暴力」が1975年:37.6% → 2013年:24.7%

と激減しているのに比し、

●「精神的虐待(いわゆるモラハラ)」が1975年:17.0% → 2013年:24.9%

と激増していることが見て取れます。また、夫側が申し立てる離婚原因として、

●「物理的な暴力」が1975年:3.2% → 2013年:8.1%

と激増しており、さらに、

●「精神的虐待」が1975年:9.1% → 2013年:17.4%

とこれまた激増していることがわかります。妻による「殴る蹴る」の暴力や精神的な暴力が増えているといえそうです。

――なるほど。ずいぶん様変わりしていますね。

篠田弁護士 さらに、異性関係についても、妻側が申し立てる場合の

●「夫の異性関係」は1975年:34.3% → 2013年:19.5%

と激減しているのに比し、夫側が申し立てる場合の

●「妻の異性関係」は1975年:22.8% → 2013年:15.5%

と、さほど減っていない傾向にあります。ここ最近は、さらに「昼顔」ブームのせいで、妻側の異性関係が離婚原因として急増しているのでは……なんて話もよく聞かれます。

――昼顔はずいぶん影響力があったんですね。

篠田弁護士 以前は、「夫の暴力」や「夫の浮気」が、離婚原因の典型といったイメージがあったかもしれませんが、最近の統計を見る限り、これらの原因は「妻からの離婚原因」のトップ3には入っていないことになります。

現代においては、離婚原因として「性格の不一致」が挙げられる傾向がさらに進み、モラハラや女性側の暴力・不倫といった事情も、看過できない離婚原因となっているといえるでしょう。

次のページ離婚の最大の原因はコミュニケーション不足!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催