新卒社会人が教える! 大学生が卒業するまでにやっておくべきことまとめ

学生の窓口編集部
2015/08/03
入学準備・新生活
あとで読む

大学時代は自由な時間とでアルバイトなどで稼いだお金が自分の好きなように使える楽しい時期であります。4年間はあっという間に去ってしまい、社会人になると自由な時間が持てなくなります。そこで大学時代に是非やっておきたいことをアドバイスします!

友達や恋人との思い出旅行

社会人になると有給はあっても新卒としての長期間の有給はなかなか利用しづらいものです。ストレス発散に旅行をしたいと思っても夢として終わってしまうこともしばしばです。そこで自由な時間のある大学生のうちに思いっきり旅行をしましょう。学生割引も利用しながら友達や恋人と素敵な思い出を作りましょう。またこれから歩んでいく長い人生の中で貴重な経験として残ります。勉強の合間にリラックスするためにも旅行のプランを立てれば学問への能率も高まることでしょう。

将来に役立つ資格習得への勉強

はっきりと就職したい仕事を決めている人は、あらかじめその分野に関する資格試験への勉強をしておくと良いでしょう。お目当ての企業の競争率が高い場合、すでに資格を持っていると採用側に信頼され優遇されます。社会人になると勉強をする時間を見つけるのは難しくなる場合もあります。学問と仕事との両立は新卒としてパワーがいるものです。将来の自分のキャリアアップに役立てる目的で学生時代にしっかりとプランを立てておきましょう。

合宿ならスピード取得できる自動車免許

社会人になってからではなかなか難しい自動車免許の取得は、学生のうちに挑戦しましょう。取得の勉強には数ヶ月かかるものですが、万が一スムーズに合格しないと長引いてしまいます。そこで春休みや夏休みなどを利用して2〜3週間の合宿プランに参加しましょう。学問にも影響ない短期間で、コストも約20万円と通学コースより10万円安く受けられます。さらに食事や宿泊費が含まれていますのでスピード免許取得手段としておすすめです。

国際交流をしながら語学留学

海外分野に関する学問を先行している人はもちろん、海外の人々とコンタクトを取りたいという人は大学生のうちに語学留学をしておきましょう。語学留学は2週間〜1年と期間が選択できますが、本格的に語学を学びたいなら1年間の留学が必要です。社会人になってからでは短期間の語学留学もほぼ不可能ですので、多くの時間が持てる学生のうちに行うのがベターです。語学と同時に国際文化交流もできますので、大学生活の貴重な経験となるでしょう。

大学生時代は勉強以外にも、一生付き合える友達を作ったり、旅行やホビーなどを充実させることができる時期でもあります。社会人になって後悔しないよう、大学生の特権である自由な時間を有効に利用して私生活を楽しみましょう!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催