実は「ファンクションキー」(Fキー)がすごい! 覚えておきたい便利なショートカットキーまとめ

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

「ファンクションキーって意外に使ってないかも…?」

キーボートの上に並んでいる「F1」や「F12」と書かれたキー。これは「ファンクションキー」といって、とっても便利なショートカットキーなのです。使っていないのならもったいない!是非この機会に使い方をマスターしましょう。

また今回はファンクションキーの他に、よく使われる「Shift」「Ctrl」を使ったショートカットについても取り上げます。学生のみなさんもレジュメやレポート作成などで大幅効率UP間違いなし。最初に押さえておきたい基本的なショートカットを中心に解説しますので、是非参考にしてみて下さい。

注)今回の内容はWindowsPCを対象としています。MacPCは当てはまらない点が多いことをご了承下さい。

これは便利!まず覚えたいショートカットを厳選!

ファンクションキーについて詳しくお伝えする前に、「まず覚えたいショートカット」を厳選してまとめました。特に初心者さんにはイチオシ!気になったものから一つずつ覚えてみてはいかがでしょうか。


F7 全角カタカナにする
F9 全角アルファベットにする
F10 半角アルファベットにする
Ctrl+C 選択したものをコピー
Ctrl+V ペースト(貼り付け)
Ctrl+Z 操作を1つ戻す(取り消し)
Shift+マウス左クリック 起点から終点まで範囲選択
Shift+スペース 半角スペースをいれる

では次からは話を戻してファンクションキーについてお伝えしていきます。

ファンクションキーってそもそも何?

ファンクションキーとは、英語の「Function=機能」という単語が由来。直訳すると「機能キー」ということになります。「ここに色々な機能が用意されていますよ!」という意味ですので、使わない手はありませんね。

ファンクションキーは大きく分けて2種類あります。
F1〜F12と書かれたキー:キーボードの最上部に鎮座
Fnキー:ノートPCのキーボードの下の方、あるいは端にあることが多い

一般的にはF1〜F12のことを「ファンクションキー」と呼び、Fnキーは「エフエヌキー」と呼ぶことが多いようです。ちなみにFnキーはそれ単独で使うことはなく、F1〜F12などと一緒に使われます。

パソコンには様々なショートカットが用意されている

ファンクションキーのようにボタン一つ、あるいはキーボードの簡単な組み合わせでパソコン操作ができる機能を総称して「ショートカット」といいます。マウスやタッチパッドであれこれ操作しなくても一瞬でパソコンが反応してくれる、つまりショートカットできる、というわけですね。

ショートカットの代表的なものは「Shift+○」「Ctrl+○」などが挙げられます。これらを使いこなせば、パソコン作業の効率UP。一つ一つは小さな動きですが、積み重なると大きな時間短縮になることも!後ほど色々なショートカットをご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

ファンクションキー(Fキー)のショートカット

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催