市役所職員(地方公務員)の志望動機の書き方【例文つき】

市役所職員(地方公務員)の志望動機の書き方【例文つき】

2017/08/19

志望動機

■市役所職員の仕事の魅力

市役所職員の魅力

市役所職員の仕事の大変さをお伝えしてきました。次に市役所職員の仕事の魅力について、具体的に3つのポイントをご紹介します。

1.多様なジャンルの仕事に携われる

まさにその自治体の屋台骨ともいえる多様なジャンルに関われることが醍醐味です。異動があるため、医療、福祉、財政、生活支援、観光などさまざまな仕事に関わることができます。民間企業では味わえない幅広い仕事経験ができるため、やりがいを感じることができます。

2.大規模な仕事ができる

人口の多い自治体であれば、民間企業の比ではない大きな規模のものを動かすことができます。その地域に根ざした大規模な仕事は民間では味わえない魅力です。

3.自分の好きな地域がよりよい場所になる

自分が大好きな地域で暮らす方々の安心・安全を守り、例えばまちづくりで得た歳入で福祉や医療などを充実させるなどで暮らしやすい場所を作ることができます。

■市役所職員に向いているタイプ

次に市役所職員に向いているタイプについて、3つのポイントをご紹介しましょう。

1.自治体を豊かにする観点を持っている
楽だと思われている市役所職員ですが、その実態は少子化で一部を除いて全国的に財政が厳しい状況です。少ない財源で、どう自治体の運営を改善していくかについて取り組まなくてはならないため、非常に難しいミッションを課されている仕事といえます。

2.地域に貢献したいと本気で思っている
職員が充足しており、何の災害もないときには比較的早く帰ることができる状況もあります。しかし、災害が起こった場合や財政難におちいり、職員を減らすと残業ばかりになることもあります。残業代は半分ということもあるのです。たとえそうなった場合でも、その地域のために奔走したいと考える方が向いています。

3.柔軟性を持っている
移動が多く、多様な分野の仕事を担当するため柔軟性を持っている方が望まれます。当初に思っていた仕事とは違うものに配属されることが多いため、考え方を切り替えて行動できる柔軟性がある方は市役所職員に向いているといえるでしょう。

このようなことに共感できる方に向いている仕事といえます。

次のページ市役所職員の志望動機の書き方を例文でチェックしよう

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ