就活生が「やっぱり世の中理系でしょ!」と思ったこと5選「推薦がある」

就活生が「やっぱり世の中理系でしょ!」と思ったこと5選「推薦がある」

2016/12/22

就活hack

関連キーワード:

就活では理系学生限定の求人があったり、理系には研究室に推薦が来たりと何かと文系の人は理系学生を羨ましく感じる瞬間があるはず。今期あは内定を得た大学生のみなさんに、就活中、やっぱり世の中理系でしょ!と思ったことを答えてもらいました。

▼こちらもチェック!
就活の面接対策で知っておきたい! 頻出の質問と好印象を与えるコツ

■就活中、「やっぱり世の中理系でしょ!」と思ったことは何ですか?

●理系求人が多い

・理系は理系であるだけで歓迎されるのか、と卑屈になってしまった。技術力があるということがやはり求められるのかなと感じた(女性/21歳/大学4年生)
・大学生であればだいたいの職種に応募できると思っていたから、自分の興味のある仕事に応募できないことを知ってかなりショックだった(男性/24歳/大学4年生)
・技術採用や理系専用の採用枠があったこと(女性/21歳/大学4年生)
・就職説明会で理系の人だけを対象にした説明会に参加できるから(男性/24歳/大学院生)

●適性検査等筆記試験で理系が有利

・適性検査が苦手だったので(女性/22歳/大学4年生)
・面接やテストで差をつけられたから(女性/22歳/大学4年生)
・数学のテストができる(男性/23歳/大学4年生)
・筆記試験に理科の問題がでたとき理系でないと解くのが難しいと思ったから(女性/19歳/短大・専門学校生)

●学校推薦・学科推薦がある

・推薦が羨ましかった(女性/23歳/大学4年生)
・文系より就職率がいい(女性/21歳/大学4年生)
・理系は推薦も強いが文系就職も可能である点。文系の人は、技術就職はできないので。(男性/23歳/大学院生)

次のページ他にもこんな意見が!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ