書くだけで夢が叶う? ノートには幸せを運んでくれる「神さま」がいるらしい

書くだけで夢が叶う? ノートには幸せを運んでくれる「神さま」がいるらしい

2016/02/22

ニュース&コラム

関連キーワード:


就活、恋愛、社会人準備……なかなか思い通りにいかないことってたくさんありますよね。もし、簡単な方法でさまざまな幸運を引き寄せることができたとしたら……?そこで今回は、「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」(著:丸井章夫)をご紹介します。

■コレで人生のすべてが決まる!

著者の丸井章夫さんは"運命カウンセラー"として、過去20年以上にわたり総勢3万人以上の方々とセッションを行い、仕事・プライベートの垣根なくクライアントに奇跡的な成功をもたらしてこられました。その結果、長い年月を経て「人はどのようなときに願望を叶えることができるのか」また「充実した人生を送るために必要なものは何なのか」を悟ったそうです。

それは「人間はセルフイメージのあり方で、すべてが決まる」ということ。人間は自分が望んだとおりの結果を実現させることができるのです。ではどうすればセルフイメージを変えることができるのでしょうか?

■ノートの神さまに質問をしてみよう!

それは"ノートの神さまに質問をすること"。なりたい姿をノートに書くことで、ノートの神さまがあなたのセルフイメージを変えるヒントを返してくれるのだそう!

例)年収1000万円を目指しているカウンセラーの場合

悪い例「カウンセラーとして年収1000万円になれますか?」
これはセルフイメージの観点からは悪い質問だそう。なぜなら、年収1000万円超のカウンセラーになるには、心の底から「自分は年収1000万円以上稼げるカウンセラーになれる!」と信じることがとても重要だからです。心の底から信じることで思考回路が刺激を受け、自分の潜在意識に潜む長所が表出し、ノートの神さまからのサインを受け取ることが出来るのだそうです。

良い例「年収1000万円のカウンセラーになるために必要なことは何ですか?」
これはセルフイメージが高く、自分は目標を実現できると考えた「実現するための質問」ということで、好ましい書き方となります。"書く"ことで意識づけられ自然と努力するようになるので、とにかくノートに書くことが大切とのこと。目的のほうを質問してしまうと「できる」or「できない」という土俵の範囲になり、潜在意識が迷走してしまうことがありますが、成功手段を質問すれば、出てきたそれぞれの方策は必ず目的に近づく道しるべになるので、おしなべて「実現する」のだそうです。

結局何をするにも、自分に自信がある人は物事を前向きに考えるので結果うまくいき、自信のない人は小さなことでつまずいてしまいます。ノートの神さまにお願いするときも、この自信が大切なようです。

いかがでしたか?これって、就活や恋愛にも応用できそうですよね!あなたも今日から"ノートの神さま"へのお願いを始めてみては?

「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」
著者名:丸井章夫
出版社:株式会社すばる舎リンケージ
http://subarusya1.com/note/

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ