「空気読みすぎ」「しゃべってるの自分だけ」……。就活生がグループディスカッションで「失敗した」と感じた瞬間

「空気読みすぎ」「しゃべってるの自分だけ」……。就活生がグループディスカッションで「失敗した」と感じた瞬間

2015/04/02

アンケート・調査


「空気読みすぎ」「しゃべってるの自分だけ」……。就活生がグループディスカッションで「失敗した」と感じた瞬間

すべての企業が行うわけではないけれど、選考に取り入れられることも多いのがグループディスカッション。面接とは違い、自分の順番が決まっているわけではないので、どのタイミングで自分をアピールしていくべきかなかなか悩ましいという声も多々。参考に、グループディスカッションでの反省点を、内定した先輩たちに聞いてみました。

Q.就活中のグループディスカッションを振り返って、失敗したなあと思うポイントを教えてください。

・最初は議論の中に積極的に入っていけなかった(男性/団体・公益法人・官公庁内定)

・発言の機会を伺いすぎた(男性/団体・公益法人・官公庁内定)

・自分の意見があっても言えず、ただただ人の意見に頷くだけだった(男性/情報・IT内定)

・一人の意見に引っ張られてしまった(女性/情報・IT内定)

・他のグループとの差別化が図れなかった(男性/団体・公益法人・官公庁内定)

・議論が盛り上がらなかった(男性/機械・精密機器内定)

・周りの就活生に圧倒されてしまう場面が多々あったので、もっと自信を持って発言すればよかった(男性/食品・飲料内定)

・他人の意見を完全否定してしまった(男性/機械・精密機器内定)

・積極的に前に出すぎてしまい空回りしてしまった(女性/小売店内定)

・リーダーシップを発揮できなかった点(女性/金属・鉄鋼・化学内定)

・他の人にももっと話を振っていけばよかった(男性/自動車関連内定)

・自分ばかり話してしまった(男性/金融・証券内定)

・人数の多い時は結構目立たないとだめだと思った(女性/金融・証券内定)


なるほど、体験談を見ると自分で発言する場合と、他人の意見を聞く場合とのバランスを見極めるのが重要なようですね。個人面接ではないので、あくまで周囲との関係をうまく保ちつつ結論へ至るのがベストのよう。事前に何度か練習しておくのがおすすめです。


文● 就活スタイル編集部

調査期間:2015年3月

アンケート:就活スタイル調べ

集計対象件数:社会人男女122人(インターネットログイン式アンケート)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ