【就活生インタビュー】早稲田大学Uさん(インターネット広告代理店志望)

【就活生インタビュー】早稲田大学Uさん(インターネット広告代理店志望)

2015/07/15

トピックス

関連キーワード:

【就活生インタビュー】早稲田大学Uさん(インターネット広告代理店志望)

■早稲田大学 Uさん(インターネット広告代理店志望)

「何が何でもテレビ」から柔軟に視野を広げて活動中

幼い頃からの海外生活で、東南アジアのテレビ番組と日本のテレビ番組を比較し、「日本のバラエティ番組の面白さに感動しました。自分の視野や興味関心がとても広がると感じました」と語るUさん。

そんな体験から情報を発信する仕事を希望。大学時代にイベントコンパニオンやMCで腕を磨き、テレビ業界を第1志望に就活を開始した。

しかし花型業界の壁は高く、大手テレビ局は残念ながら不合格。適性検査対策が足りなかったのも敗因だが「当初はテレビ局・アナウンサー職以外が眼中になく、危険だと先輩や人事の方にも指摘されたほど。視野が狭すぎました」(Uさん)

その後は「情報発信」というキーワードで志望業界を広げ、現在までにネット系広告代理店の内定をもらうことができた。さらに就活戦線が本格化していく夏にかけて、IT関連や商社も含めて可能性を求めていくつもりだ。

「最終的に自分がしたいことを見つけられるよう、もう一度じっくり取り組みたいです」 (Uさん)

次のページご本人の就活データを公開!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ