LINEでAI画像が作れる? 「お絵描きばりぐっどくん」の使い方を解説

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

LINEでAI画像が作れる お絵描きばりぐっどくん

「LINEでAIが絵を描いてくれるの…?」

AI(人口知能)がイラストやCG画像を作ってくれる「AI画像生成」というスゴい技術が今、注目を集めています。絵心や画力がなくてもAIが代わりに画像を作ってくれるとは、まさに夢のような技術ではありませんか。

しかも普段使い慣れたLINEを使って、誰でも簡単にAIを使いこなせるとしたら…?インスタなどのSNS投稿や、ブログを書いている人にも役立つこと間違いなし。今回はそのLINEを使ったAI画像生成について、特徴や使い方を解説します。(2022年12月時点)

LINEでAIが画像を作ってくれるって本当?

LINEでAIが画像を作ってくれるとは、夢のようですが本当の話です。いつものようにLINEでメッセージを送るだけで、AIが超速で画像を作って返してくれるのです。

その名は「お絵描きばりぐっどくん」

お絵描きばりぐっどくんは、長崎の西海クリエイティブカンパニーが運用しているAI画像生成LINEアプリ。2022年8月のリリースからわずか3ヶ月で友だち登録数250万人突破という、話題沸騰中のサービスなのです。

開発したのは、九州工業大学情報工学部4年の西野颯真さん。

【西野颯真さんプロフィール】


お絵描きばりぐっどくんの開発者。
Yahooが開催した2021 Degital Hack Dayにて企業賞をダブル受賞。普段は暗号技術を勉強しています。
(引用:西海クリエイティブカンパニー - ばりぐっど大学)

すでにダブル受賞といった経歴もお持ちとのこと、素晴らしいですね。

LINEでAI画像が作れる「お絵描きばりぐっどくん」のポイント

話題の「お絵描きばりぐっどくん」ですが、その特徴には4つのポイントがあります。

文章をLINEで送るだけ!

1つ目のポイントは「文章をLINEで送るだけ」というお手軽さ。まずはお絵描きばりぐっどくんを友だち追加します。そして、いつものトークと同じ要領で、欲しい画像を表す文章を送信します。詳しくは後ほど、実際にやってみた様子をご紹介します。

日本語で使える

2つ目のポイントは「日本語で使える」ということ。実は画像生成AIは英語がメインの世界なのですが、そこを日本語対応にしているところが、私たち日本人にとってはありがたいポイントです。より手軽に、思い通りの言葉で欲しい画像を表現できるでしょう。

ただし、開発者の西野さんによれば「英語の方が精度は上がる」という面もあるよう。英語でもあわせてチャレンジしてみると良いかもしれません。

AIは「Stable Diffusion」を使用

Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)とは、イギリスのStability AI社が公開している高性能な画像生成AIのこと。オープンソース、つまり一般公開されているため自由に活用することができ、このAIを搭載した新しいサービスが次々登場してきています。

お絵描きばりぐっどくんは、このStable Diffusionを搭載したLINEアプリです。高性能AIを搭載しているので、画像の仕上がりには期待が持てそうですね。

1日10枚までは無料

そして4つ目のポイントは「1日10枚までは無料で使える」ということ。それ以上の画像を作りたい場合には、有料のプレミアムメンバーになるという方法もあります。

お絵描きばりぐっどくんのプレミアムメンバーになると、一日の枚数制限が無限になります。
さらに、イラストお絵描きばりぐっどくん使い放題、お絵描きスピードアップやさまざまな新機能のご案内などの特典が受けられます。
(引用:お絵描きばりぐっどくんLINE公式)

上記のとおり、「お絵描きばりぐっどくん」の姉妹サービスとして「イラストお絵描きばりぐっどくん」もあります。イラストが欲しい方はこちらも要チェック!

LINEのAI画像生成「お絵描きばりぐっどくん」の使い方

では、お絵描きばりぐっどくんを実際に使ってみて、実力のほどを確かめてみましょう。まだ入っていないスマホを使って友だち追加から手順を解説します。

1.LINEの検索からでも行けますが、ここでは普通にGoogle検索から行きます。「お絵描きばりぐっどくん」と検索して、LINEオフィシャルアカウントをタップ。

LINEのAI画像生成 お絵描きばりぐっどくん 使い方

「お絵描きばりぐっどくん」公式アカウントへのリンクはこちら

2.下図のように「トーク」をタップするとLINEに飛びます。

LINEのAI画像生成 お絵描きばりぐっどくん 使い方2

3.「友だち追加」のマークをタップしたらいよいよスタート!

LINEのAI画像生成 お絵描きばりぐっどくん 使い方3

4.最初のトークでは簡単な説明があります。左下のマークをタップして入力ツールを開きます。今回は説明書きにならって「ゴッホが描いた横浜の夜景」と入力してみました。

LINEのAI画像生成 お絵描きばりぐっどくん 使い方4

ほんの10秒ほどで描いてもらえました!「ちょっと時間がかかってごめんね」というメッセージもついてきましたが、かなり速い印象です。

5.トークの画像をタップして、下図のように右下の矢印をタップすると画像保存できます。このあたりは機種によって異なるかもしれません。今回はiPhoneで試しています。

LINEのAI画像生成 お絵描きばりぐっどくん 使い方5

今回の絵はどうでしょうか。やや海外っぽい感じもありますが街灯があったり赤レンガ風の建物があったり、都会的な横浜の雰囲気を醸し出しているのではないでしょうか。

怖い…?お絵描きばりぐっどくんの危険性

お絵描きばりぐっどくんは開発者や運用会社がきちんと公開され、登録者250万人に愛用されており特別怪しい点は見受けられません。ネット上でのトラブル情報も見当たらず、企業とのコラボも進んでいるようです。ですが、危険性として考えておきたいポイントもあります。

「描いてもらった画像は勝手にSNSとかで使っていいの?」
「それは私の絵だって誰かに訴えられたら怖い!」

といった著作権侵害の問題です。ここはQ&A形式で解説していきます。

Q1:AIが描いた画像はSNSで使って良い?

A:先ほどの「ゴッホが描いた横浜の夜景」のように、短いLINEトークでAIに指示した場合、あなたは創作に関与していないとされ、画像に著作権は発生しません。また、AIへの指示が詳細かつ長文の「呪文」のようになってくると、あなたに著作権が発生する可能性もあります。いずれにしてもSNSでは自由に使って良いことになります。

Q2:誰かの絵にそっくりだった場合は訴えられる?

A:例えば先ほどの「ゴッホ風」のように、作風やタッチが似ているというレベルなら、著作権の侵害にはあたりません。ですが例えば「ナウシカ風」とした場合に「風の谷のナウシカ」の一場面を想像させるほど酷似している場合には、著作権侵害にあたる可能性が高くなります。そこは注意しなければなりません。

まとめ

今回は、LINEでAIが絵を描いてくれる「お絵描きばりぐっどくん」について解説しました。いつものLINEで簡単な文章を送るだけで、1日10枚まで無料で作画してくれる優れモノでした。これは使わない手はありません。いろいろと入力する言葉を考えながら試してみると楽しそうですね。

ただし、AI画像生成は新しいサービスなので、著作権をめぐって新しいタイプのトラブルが出てくる可能性は否めません。トラブルを回避するためには既存の著作物に寄せすぎず、なるべくオリジナリティを意識して活用していくといいでしょう。

文:学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催