【芋けんぴ】芋屋金次郎の大人気商品のつぶけんぴ、パッケージをリニューアルして10月1日デビュー!#Z世代Pick

学生の窓口 学生編集部

お気に入り!

あとで読む

こんにちは!リリースピッカーの湯川です。製造途中で欠けてしまったり、折れてしまった芋けんぴを一口サイズにした「つぶけんぴ」をご紹介します。

芋けんぴやスイートポテトなどの芋菓⼦を製造販売している芋屋⾦次郎は、10⽉1⽇より「つぶけんぴ」のパッケージをリニューアルして、直営店舗および通信販売にて販売を開始。

芋けんぴの原料であるコガネセンガンをあますことなく大切に使いたいという思いから、新しい芋けんぴが誕生。その名も「つぶけんぴ」。今年6月の発売以降、「芋けんぴの新しいおいしさ」と大好評!!個包装をかわいいテトラパックにリニューアルして新たに化粧箱も仲間入り。

4袋入りのお手軽な化粧袋と、8袋入りの化粧箱の2サイズ展開で、ご用途に合わせてお選びいただけるように。

1袋に約7、8粒のつぶけんぴが入っている。

つぶけんぴは、芋けんぴの製造段階でどうしても折れたり、欠けたりしてしまう素揚げの芋けんぴを砕き、プルラン(※)という植物由来の糊料でひとくちサイズにころんと固め、オーブンで焼き上げた金次郎オリジナルのお菓子。カリッとほどよい食感と、今までにない口ほどけのよさをお楽しみいただける。
(※)とうもろこしのデンプンから作られる、植物由来の安心安全な食用の糊料。

オーブンから焼きあがったばかりのつぶけんぴ

芋屋金次郎について

芋屋⾦次郎は、ワンランク上のフレッシュな芋けんぴをお届けする芋菓⼦専⾨店として2005年に⽇⾼本店を開業。現在、⽇⾼本店をはじめ、⾼知県・愛媛県・⾹川県・福岡県・⼤阪府・東京都合わせて8つの直営店舗を運営している。芋けんぴは芋と油と砂糖だけでつくるシンプルな菓⼦ゆえに、原料のおいしさや鮮度がそのまま正直に出てしまう。だからこそ、芋屋⾦次郎の芋けんぴは芋づくりから始まる。⾃社農場での栽培も⾏いながら、南九州の契約農家さんと⼀緒に⼟づくりから育てている。⼤切に育てたさつま芋は、収穫後翌⽇までに⼯場へ運び、その⽇のうちに1次加⼯まで⾏うことで鮮度を閉じ込める。

商品詳細

■商品名:つぶけんぴ
■販売価格:4袋入 500円(税込)
8袋入 1,000円(税込)
■内容量:テトラパック1袋18g(約7、8粒)
■販売開始:2022年10月1日(土)~
■販売店舗:芋屋金次郎全店舗・通販

編集/湯川むく(学窓ラボメンバー)

学生の窓口 学生編集部

学生の窓口 学生編集部

マイナビ学生の窓口を一緒に作る現役学生たちのチームです。現役学生のリアルや生の声をいっぱいお届けします。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催