ほとんどの若者は自分の睡眠について悩んでいます〜 #Z世代Pick

学生の窓口 学生編集部

お気に入り!

あとで読む

こんにちは! リリースピッカーのゆうです。今回は睡眠についての悩みをご紹介します。

なぜ若者は睡眠の質が悪いと感じるのでしょうか?
長い間夜眠れなかったことがありますか?
夕方の休憩は遅くなりますか?
夜深く眠れない?

現代人の生活は忙しく、さまざまな処理事項があり、携帯電話の通知メッセージ等々と争って人々の目をつかみ、睡眠時間はますます少なくなっている。

しかし、より強力で健康的な方法で2022年を過ごしたいなら、睡眠にもっと時間を割く必要がある。1時間でも多くの睡眠時間をとることで、自分の顔色がよくなり、元気が出て、仕事ができるようになる。

専門家はまた、1時間多く寝るのは始まりにすぎないはずだと提示している。睡眠の本当の利点は、個人の最適な睡眠時間表を作成し、常に続けることができることにもある

「昨夜は早く寝たのに、まだ目が覚めない」

「一晩中夢を見ろ 目覚めたときよりも眠りにつくときの方が疲れています~」

「動くたびに起きるのがめんどくさい」

睡眠不足に気づいたときは、黄金の睡眠時間を理解する必要がある。

黄金の睡眠時間の認識:

1.午後11時から午前5時まで——肝、胆、肺は深い睡眠状態でデトックスを行う。

2.午後9時から11時まで——リンパデトックス、静かにリラックスする必要がある。

3.午前0時から4時まで——脊椎造血は、深い睡眠状態で行う必要がある。

4.午前5時から7時まで——大腸排毒、前日の各器官排毒は正常でなければならない。

5.午後11時から午前7時まで——全身免疫システムのデトックス。

人体には「ゴールデンスリープシステム」と呼ばれる深い睡眠システムがあります。

黄金睡眠システムとは、良質な睡眠、つまり深い睡眠のことです。深い睡眠は睡眠の一部であり、睡眠時間全体の25%しか占めておらず、深い睡眠は「黄金睡眠」とも呼ばれている。「黄金睡眠システム」は人体の生理バランスの鍵の一つである。

睡眠科学の研究者には、深い睡眠は「黄金睡眠」とも呼ばれている。睡眠深度は一般的に、身体活動の減少と感覚感度の低下を測定の指標としている。また、いくつかの生理指標、特にウェイクアップ閾は、遅波相の第3、4期が深い睡眠期間であることも示している。異相睡眠の深さについては判定しにくい。それは筋張力の弛緩を表現し、また全身反転と面、指筋の痙攣がよく現れるため、感覚の面では、外界に関係のない刺激は寝ている人を呼び覚ますのは難しいが、刺激に特別な意味がある場合や夢を見ている内容が関係している場合は、呼び覚ましやすい。

これらの矛盾は、異相睡眠中に脳内で能動的な過程が発生し、外部との関係のない刺激とのつながりを断ち切ることができることを示唆している。自律神経系の活動強弱によって判別すると、異相睡眠は覚醒状態に近く、この時に目覚めた人は、自分が眠っていると言う;逆に、徐波相の時に彼を呼び覚ますと、よく眠れないと言った。このような主観的な睡眠意識が彼の夢と関連している可能性が推測される。

以上のように、睡眠深度の正確な測定は困難であり、現在の傾向は異相と徐波相を2つの独立した状態と見なすことである。「深い眠り」はあなたが寝てから脳が活動しない深い眠りで、あなたが寝ているこの夜、先に浅い眠りに入ってから自然に深い眠りに入って、それから浅い眠りに入ってまた深くて、目が覚めるまで交代して、人は浅い眠りの時に夢を見るかもしれませんが、深い眠りはできません。深い眠りは「黄金の眠り」とも呼ばれ、いわゆる「金のような眠り」。

健康な睡眠時間

睡眠時間の長さは二の次で、肝心なのは睡眠の質にある。科学者によると、人々はどのくらい寝ているのかをあまり気にする必要はなく、毎日規則正しい起居を維持し、自分に合った睡眠モードを維持することに注意することが、健康を維持する根本的な場所だという。特に若者は、睡眠に大きな伸縮性があり、事情があって睡眠時間を犠牲にしても、熟睡し、睡眠の質で量の不足を補うことができる。夜は少なく寝ても昼間は15分寝ることができる。

睡眠不足の人は、重い精神的負担をしてはいけない。不規則な起居活動、超長時間の睡眠は、かえって神経障害を引き起こし、健康にとって本当に有害である。

黄金の睡眠時間と結びつけて、規則正しい睡眠起居を維持してこそ、健康な睡眠を得ることができる。

睡眠に影響を与える要因は環境の外にあり、もう1つの重要な要因である心理的な問題がある。

自己の心理問題のセルフテスト法
心理疾患は一連の心理的変化であり、私たちは簡単な自己調査をして、問題を見つけることができる。

(1)まず、自己の思考は心理的ストレスの影響を受ける。心理的な問題がある場合は、リラックスして新聞を読んでいるとき、3段目まで読んでいるとき、何を読んでいるのか分からない、つまり集中力が難しい、それは睡眠に深刻な影響を与える。

(2)情緒は心理的ストレスの影響を受ける。心理的負担のある人は、焦りや悲しみ、怒りを感じやすい、例えば:食べ物、レジャー、スポーツ、芸術、アイドルなど。生活の中には、自己を喜ばせることがたくさんありますが、人々の心理に問題があると、これらの活動能力を体験する楽しみがなくなる。

(3)行動は心理的ストレスの影響も受ける。心理的な問題があると、食事をしたくなくなり、衛生的でなくなり、睡眠に影響を与える可能性がある。

そのため、自分で上記のような状況が検出されたので、これらの問題をタイムリーに是正し、健康的な睡眠を促進しなければならない。

環境要因は、騒音、明るさ、ベッドなど

今、睡眠の質が悪い場合は、自分に良い睡眠空間を作る必要がある。
多く環境要因の要因を変化して得ることができる。

騒音の問題はイヤホンを持って行って減らすことができる。騒音で気分が悪くなるので、状況が許せば別の場所に住むことができる。

明るさの問題は、光を通さないカーテンなどを取り替えることで解決できる。明るすぎると体のメラトニンが減少し、不眠症になります。特に若者が夜に電気をつけずにスマホをいじっていると、スマホの明るさがメラトニンに影響し、目を傷つけることになっている。
ベッドにはベッドの硬さに合わせて自分に合ったベッドを選ぶことができ、主に自分を快適にするベッド。ベッドは体に直接触れるものだけなので、より直感的な感じを与えてくれる。

個人的には通気性のない、とても柔らかいベッドを選ばないことをお勧める。柔らかすぎるベッドは寝心地がいいですが、翌日目が覚めたときに体中がだるくてだるい感じがして、長期睡眠のようなベッドは睡眠の質にも影響する。

深い睡眠をとる方法

睡眠は人生の1/3を占めており、睡眠は体力と脳の回復を助け、ストレスを緩和し、記憶力を高め、体を健康に保つことができ、睡眠の質の良し悪しは生活の質の半分の基礎と言える。

科学者によると、人々は睡眠時間の長さよりも睡眠の質が重要だという。毎日規則正しい起居を保ち、自分に合った睡眠パターンを保つことに注意することが健康維持の根本である。特に若者は、睡眠に大きな伸縮性があり、事情があって睡眠時間を犠牲にしても、熟睡し、睡眠の質で量の不足を補うことができる。睡眠の適量を保証するには、自分が毎日深い睡眠をとる時間を保証しなければならない。深い睡眠時間が長くなればなるほど、睡眠の質はよくなる。

深い睡眠は睡眠の一部であり、睡眠時間全体の25%しか占めておらず、深い睡眠は「黄金睡眠」とも呼ばれている。深い眠りの時、人体は最も熟睡していて、最も良い段階で寝て、この時外のいかなる騒ぎが聞こえなくて、他の人に呼び覚まされにくくて、一眠りして目が覚めると、清々しい気持ちになる。深い睡眠は子供の体の長さ、知能の開発、若者は元気で、中年の人は体が丈夫で、高齢者の健康長寿の保証。

編集/ゆう(学窓ラボメンバー

学生の窓口 学生編集部

学生の窓口 学生編集部

マイナビ学生の窓口を一緒に作る現役学生たちのチームです。現役学生のリアルや生の声をいっぱいお届けします。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催