【読者プレゼントあり】16歳の青春・成長物語、映画『ビルド・ア・ガール』が気付かせてくれた「変身願望」、「大人になること」、「自分を大事にすることの大切さ」。

編集部:あこ

お気に入り!

あとで読む

こんにちは!学窓ラボ学生ライター初挑戦の村瀬結子(むらせゆいこ)です。

今回、10月22日(金)に新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショーを迎える青春エンパワーメントムービー『ビルド・ア・ガール』のオンライン試写会に参加しました。

記事の最後には映画オリジナルグッズのプレゼントもあるので、最後までチェックしてくださいね。

作家・コラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説『How to Build a Girl』を原作とした青春映画『ビルド・ア・ガール』。文才と想像力を武器に大人社会に飛び込んだ高校生・ジョアンナが、失敗や挑戦を繰り返しながら、がむしゃらに成長していく青春ストーリー!

主人公のジョアンナを演じるビーニー・フェルドスタインは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『レディ・バード』で知られる注目の新星。そして彼女の初恋相手、ロック・スターのジョン・カイトは『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン・グレイジョイ役で人気を博したアルフィー・アレン。

あらすじ

主人公・ジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき……。

1990年代のUKロックや、それを人々のもとに言葉で届けるジャーナリズムの世界が垣間見える本作。16歳の主人公・ジョアンナの成長する姿が描かれる本作が気付かせてくれたことをご紹介します。

変身する姿は、やっぱりカッコいい!

みなさんは、幼いころにテレビなどの戦隊ヒーロー、戦闘美少女が変身する姿に憧れませんでしたか? あの頃から十数年、高校生や大学生になるとよく耳にする言葉「垢抜け」。垢抜けて洗練された雰囲気に変身する様子や、そのために努力する姿は誰が見ても尊敬できるのでは?

映画『ビルド・ア・ガール』主人公のジョアンナは、辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”になるにあたり、大変身を遂げます。家庭は貧しいながらも優しいお兄さんの力を借りて服を買い、髪を染め、メイクを研究して街へと出向くジョアンナの姿から目が離せません。変身を遂げ自信に満ち溢れたジョアンナは堂々としてカッコいいんです! 

大人になることって、結局何を指すの…?

大人になるとできること、大人になるとできないこと。みなさんは、何を思い浮かべますか? 勉強、仕事、恋愛、お酒、煙草……いったい何が私たちを「大人」にするのでしょう。主人公・ジョアンナは16歳。イギリスで成人として認められるようになるのは18歳なので、彼女はまだ未成年。にもかかわらず、十分すぎるくらいに大人の社会に浸かります…先生から注意を受けてしまうほどに。
「大人はずるい」と言いたくなる青年期の私たちですが、そんな私たちも大人になる道を一歩ずつ歩んでいます。何を取り入れ、何を拒んで大人になるのが正解なのか。他の同世代の子たちよりも一足先に大人の社会に足を踏み入れ、奮闘するジョアンナの姿はたくましく、ときに切なく映ります。そんな彼女を見て改めて大人になることの意味を考えさせられました。

自分を大事にすることの大切さ

辛口、毒舌を売りにする批評家“ドリー・ワイルド”の記事はその過激さを増し、爆発的な人気を誇ります。しかし一方で、そこには自分を見失うジョアンナの姿が。
私たちは自分のためはもちろん、誰かのために頑張ることもできます。周りの人が自分の存在を認めてくれること、そして自分が頑張ることで周りの人が笑顔になることはとても喜ばしいことで、そのためなら一生懸命になれるという方も少なくないと思います。他人を通じて自分の姿を見る。でもそれはおかしいことでも恥ずかしいことでもないんです。なぜなら私たちは自分自身を直接みることができないから。ただ、誰かのためと思って始めたことがほかの誰かを傷つけたり、巡り廻って自分自身を蝕んでいたら…。
映画『ビルド・ア・ガール』は、自分のことも周りのことも大切に想う、思慮深い人でありたいと気付させてくれる作品でした。

まとめ

ここまで読んでいただき、映画の雰囲気は伝わりましたか? 私の感想だと「意味深…」と思われる箇所も多くあったかと思います。

ただ、映画『ビルド・ア・ガール』は青春エンパワーメントムービーと呼ばれるだけあって、様々なことを考えさせ、気付かせてくれながらも私たちを前向きにしてくれる作品です!
努力で急成長を遂げる女の子の姿に背中を押されたい方や大人になることについて考えている方、頑張り屋さんゆえに何かを見失ってしまっている方にはもちろん、そうでない方にもぜひ見ていただきたいです。

映画『ビルド・ア・ガール』は10月22日(金)に公開!みなさんもぜひ映画館に足を運んで、作品を見た際にはぜひ感想をSNS等に投稿してみてはいかがですか? ここにない観点からの感想や考察を見られるのを楽しみにしています!

映画『ビルド・ア・ガール』新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
https://buildagirl.jp/

©MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

文:村瀬結子(学窓ラボ)

プレゼント情報

映画の公開を記念して、抽選で10名様に「映画『ビルド・ア・ガール』オリジナルバックステージパス風ステッカー」をプレゼント!

実はこのステッカー、人気アーティストのSuchmosやsumikaらミュージシャンのアートワークを手がけるなど音楽、ファッション業界で今大注目のイラストレーターでdigmeoutアーティストのYUGO.さんがデザインしたもの。辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”に扮したジョアンナのオシャレなイラストがおしゃれでステキですよね!

ぜひご応募ください♪

※応募には会員登録(無料)が必要です。


応募受付期間

2021年10月21日(木)~11月4日(木)応募分まで

学生の窓口会員の方▼

下の応募ボタンをクリックして、学生の窓口アカウントでログインしてください。希望のプレゼントを選択いただき、応募フォームに必要事項をご入力ください!

プレゼントに応募する

学生の窓口非会員の方▼

下の応募ボタンをクリックして、まずは「新規会員登録をする」から学生の窓口アカウントを作成してください。
※ブラウザの別タブでフォームが開きます。

新規会員登録はこちら

登録完了後、もう一度下記応募ボタンをクリックして、学生の窓口てください。希望のプレゼントを選択いただき、応募フォームに必要事項を入力すれば応募完了です!

プレゼントに応募する

※会員登録は無料です。応募には学生の窓口会員登録が必須となります。

注意事項

■抽選方法 
・当選者は、ご応募いただいた方の中から抽選で決定させて頂きます。審査経過および結果に関するお問い合わせや苦情については応じかねます。

■当選連絡
・当選された方には、ご記入いただいた住所宛に発送をもって代えさせていただきます。

■その他注意事項
・ご応募いただいた方の個人情報が本キャンペーン以外で使用されることはありません。
・ご提供いただいた個人情報は、当選者へのご連絡のために使用させていただき、ご本人の同意なしに第三者に開示、提供することは一切ありません。
・商品に関するお問い合わせ、ならびに原材料等の商品に関する情報はコチラをご確認ください。
・キャンペーンに関するお問合せは お問合せフォーム からご連絡ください。



もっとプレゼントの情報をみる!


あなたも学窓ラボメンバーになりませんか?

▼こちらをチェック!


編集部:あこ

編集部:あこ

食べることと寝ることが大好き。休みの日は家にこもって、ひたすら映画やドラマを見たり、漫画や雑誌を読むのが幸せ。

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催