海外旅行保険に加入する方法について解説

編集部:ぱいん
2020/09/11
学生旅行
あとで読む

海外旅行保険に加入するための方法について解説します。海外旅行保険は、加入するタイミングや手続きの仕方など、分からないことが何かと多いものです。旅行する方は、加入するタイミングを知っておくなど、できるだけ賢い入り方をするべきです。
(監修協力:FP 恩田 雅之)

海外旅行保険 加入方法

海外旅行保険に入る方法

海外旅行保険は、2か月位前から出発日当日まで入るのが一般的です。ただし、加入のタイミングは、当日ではなく、事前契約がおすすめです。

空港などで海外旅行保険に当日加入することもできますが、空港までにかかる時間や混雑状況などを考えると、慌ただしくなりあまりおすすめできません。また、空港で加入する場合、自宅から空港までの間は、保険適応外となってしまう点もデメリットのひとつです。

事前契約は、安いプランでの契約が可能であったり、事前に旅行用の小冊子が配られたりと、メリットが何かと多くあります。また、契約方法については、ネット契約の方が料金も安くなりおすすめです。

加入プランや補償は目的に合わせて

海外旅行保険を選ぶ際に、加入プランや補償内容は、一体どれがよいのだろう……と、悩むことも多いかもしれません。

ここでは、目的別におすすめの加入プランや補償内容を下記にまとめてみました。

目的別に見た海外旅行保険の最適加入プランや補償内容


ひとり旅

おすすめプラン:個人プラン

治安状況の悪い場所などへの旅行は、医療補償を充実させるなど、行く場所によって補償内容を変えていくことも検討。

家族旅行

おすすめプラン:ファミリープラン

高齢者や小さなお子様との旅は、医療の補償を充実させたほうが安心。

新婚旅行

おすすめプラン:ハネムーンプラン

ハネムーンプランは、一人一人個別に申し込むよりも、お得なことが多い。

友人との旅行

おすすめプラン:個人プランか、グループプラン

補償内容が、友人と同一であれば、グループプランがお得。


まとめ

紹介してきましたように、海外旅行保険は、目的によって、選ぶプランや補償内容が異なります。滞在日数や滞在先などを考慮し、目的に合った最適なものをセレクトするのがおすすめ。皆さんも、こちらの内容を参考に、自分に合った保険を選んでいきましょう。

(学生の窓口編集部)

監修協力:恩田 雅之
1959年、東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。CFP®資格を取得後、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心としたコラムの執筆やローン関連を中心に記事の監修などを中心に活動中。
http://onda-fp-jimusho.com/

編集部:ぱいん

書くことよりも調べることが好きな知的好奇心高め男子。編集部内でNHK担当と呼ばれています。休日はアウトドアか引きこもりのどっちか。

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催