トムホ版スパイダーマンは過去の2シリーズとどう違う? 徹底解説!

編集部:ゆう
2019/07/02
学生トレンド
あとで読む
ピーターとミステリオ

MCU(※)最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(以下、FFH)が、6月28日に公開されました!

 MCUでのスパイダーマン単体作品としては、2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』以来となり、またMCUシリーズの一つの区切りとなった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から続く物語ということで大きな注目を集めています。

さて、この「MCU」のスパイダーマンですが、過去に制作されたスパイダーマン映画とは設定やキャラクター性が大きく異なります。今回は、MCUのスパイダーマンと過去の2シリーズとの相違点を紹介します。

※MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)2008年公開の『アイアンマン』以降のMARVELコミックを原作とする映画は、全て「同一の世界」を舞台にしていると設定されている。MCUはその世界の名称。

スパイダーマン誕生の経緯が描かれていない

スパイダーマンの実写映画は、過去に2シリーズ制作されています。

サム・ライミが監督を務めた『スパイダーマン』シリーズ(全3作:2002~2007年)と、マーク・ウェブが監督を務めた『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(全2作:2012~2014年)です。

この2シリーズは、共にピーター・パーカーが遺伝子操作をされたクモにかまれ、超人的な力を得る過程を描きました。しかし、MCUのスパイダーマンでは、その過程が省略されています。

MCUでのスパイダーマン初登場は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。キャプテン・アメリカと袂を分かったトニー・スターク(アイアンマン)が、新たなヒーローとしてスカウトしたのが、ピーター・パーカー(スパイダーマン)です。

ピーターはスパイダーマンとしてすでに活躍しており、トニーがその模様を収めた動画を見たのが、スカウトのきっかけでした。

ベン伯父さんの死が描かれていない

スパイダーマンの物語で、とりわけ大きな出来事が「ベン伯父さんの死」です。

ベン伯父さんは、両親を早くに亡くしたピーターにとって、父親のような存在でした。そんなベン伯父さんを、自分の軽率な行動がきっかけで亡くしたことは、ピーターに大きな衝撃を与え、同時に正義のヒーローとして生きるきっかけとなるのです

『スパイダーマン』と『アメイジング・スパイダーマン』の両方で、ベン伯父さんの死は描かれていますが、MCUではそうした描写はありません。

「ベン伯父さんがこの世にいない」ということは描かれているものの、どのようにして亡くなったのか、スパイダーマンにどんな影響を与えたのか、といったことは割愛されています。

同じ世界に別のヒーローがいる

ピーターとミステリオ

すでにMCU作品を見ている人はご存じのとおり、MCUのスパイダーマンの世界には、アイアンマンやキャプテン・アメリカといった、他のヒーローたちも存在しており、同じように悪と戦っています。

MCU作品は全て「同一の世界を舞台にしている」という設定だからです。そのため、スパイダーマン単体の作品でも、アイアンマンなど別のヒーローが登場したり、共闘したりします。

しかし、過去の2シリーズのスパイダーマンの世界は、そうした設定ではありません。

ヒロインの設定が大きく異なる

スパイダーマンとヒロイン

サム・ライミの『スパイダーマン』シリーズのメインヒロインは、「MJ」ことメリー・ジェーン・ワトソン。マーク・ウェブの『アメイジング・スパイダーマン』は、グウェン・ステイシーがヒロインでした。

しかし、MCUのスパイダーマン1作目のホームカミングのヒロインは、ピーターのクラスメートで、同じ部活に所属するリズ・トゥームスという女の子。しかし、このリズはホームカミングのラストで、とある事情により退場。

変わってヒロイン(?)の座に就いたのが、ピーターに皮肉を言ってばかりのクラスメートのミシェル・ジョーンズ、つまり「MJ」です。とはいえ、性格は暗めで皮肉っぽいなど、過去のMJ像とは大きく異なるキャラクター。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で彼女との関係がどうなるのか注目です。

ちなみに、原作にもリズというキャラクターが登場するのですが、そちらではピーターの彼女になっています。

頼れる相棒がいる

ニック・フューリー

MCUのスパイダーマンの特徴として、頼れる相棒「ネッド」がいることが挙げられます。ピーターの親友のネッドは、堅牢なセキュリティーを突破して、大企業のコンピューターにアクセスできるほどの技術と知識を持っています。

ひょんなことから、ピーターがスパイダーマンだと知ってしまいますが、それでも変わらず彼に接し、陰からサポートするよき相棒として活躍しました。

しかし、過去の2シリーズのピーターにはこうした相棒はいません。誰にも正体を知られることなく、常に孤独な戦いを続けていました。それゆえに、ピーターは苦悩・疲弊し、徐々にヒーローとしての在り方に疑問を抱くようになっていきます。

正体を知ってなおサポートしてくれる存在があるのは、過去2作との大きな違いでしょう。

グリーン・ゴブリンが出ない

スパイダーマン

スパイダーマンの宿敵といえば、グリーン・ゴブリン。スパイダーマン作品には欠かせない存在で、過去の2シリーズにも登場しています。

『スパイダーマン』の1作目では、原作と同様にオズコープ社の社長であるノーマン・オズボーンが、パワー増強剤の影響で暴走し、グリーン・ゴブリンになりました。

『アメイジング・スパイダーマン』では2作目に登場。ノーマンの息子であり、ピーターの友人であるハリーが、スパイダーマンに対する私怨から暴走し、グリーン・ゴブリンになりました。

上記のようにスパイダーマン作品の「キーマン」といえるグリーン・ゴブリンですが、MCUのスパイダーマンにはまだ登場していません。今後の展開に期待しましょう!

まとめ

今回は、MCUのスパイダーマンと、過去に制作されたシリーズとの異なる点をご紹介しました。MCUのスパイダーマンは、過去のシリーズと大きく変わっているのがで、スパイダーマンシリーズを見たことがないという人は、違いを知ってから過去の作品をチェックすると、より楽しめるかもしれませんよ!

(中田ボンベ@dcp)

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

(原題:Spider-Man:Far From Home)』
全米公開:2019年7月5日

監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
公式Twitter: @spidermanfilmjp
公式Facebook: https://www.facebook.com/Spide...
公式サイト: Spiderman-Movie.jp #スパイダーマン


大学生の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』5大予想!

編集部:ゆう

家族との時間がなにより一番大事!!お酒と音楽とオーディオが大好きな、もうすぐアラフィフおじさん(気分はお兄さん)です。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催