観ればあなたもがんばりたくなる。主演新人コンビが飛び込んだ「はじめての世界」

編集部:まる
2019/06/05
将来を考える
あとで読む

町田くんの世界

突然ですが、この2人知っていますか?
細田佳央太さん関水渚さん

実は……キャストが豪華すぎると有名な
映画『町田くんの世界』主演に大抜擢されたお2人なんです!

気になるキャストは、
岩田剛典さん、高畑充希さん、前田敦子さん、太賀さんなどそうそうたるメンバー。

主人公・町田くん(細田佳央太)は、地味で、運動も勉強もできない不器用な高校生。 でも、人が好きで、まわりのすべての人から愛される不思議な男の子。
そんな町田くんが、ヒロインの猪原さん(関水渚)や、友達に家族、通りすがりのサラリーマンまで巻き込む ¨壮大なストーリー¨が、映画では繰り広げられる……!


今回このお2人に、『マイナビ学生の窓口』新入社員のまるが初インタビューしてきました。
超新人のお2 人がたくさんの¨初めて¨にどんなふうに挑戦していったのか ?!



INDEX



¨初めて¨は努力と思い込みで¨自信¨になる


町田くんの世界

――¨初めて¨の演技はどうやってできるようになっていきましたか?

(細田)
僕たち2人の演技の特訓期間があったんですけど、
最初は何もわからなかった中、石井監督がたくさんヒントを出してくださいました。

(関水)
私も何もわかっていなかったので、
最初は「どうやったらいいんだろう」って怯えてしまって、
思いっきりお芝居をすることができなかったんです。それに気づいた石井監督の指示で、ひたすら大笑いする練習をしたり、踊ったり。
正直それも難しかったです。
でも、そのおかげで、撮影に入ってから思いっきりお芝居することができて、本当に監督に助けていただいた と思います。

――まわりの存在って大きいですね。いよいよ撮影が始まるときは、やっぱり緊張でいっぱいでしたか…?!

(細田)
緊張はしてましたけど、何か月も特訓したことが自信につながったので、
「今までやってきたことを踏まえれば大丈夫」って。
ひたすら自分に言い聞かせてましたね。

(関水)

私も、もうそう思うしかなかったです。笑
不安でしたが「あれだけやったし、始まるんだからやるしかない!」
と思うようにして挑みました。


監督と太賀さん、その一言で頑張れました

町田くんの世界
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

――緊張のなか、「新人だから経験できたなぁ」って思ったことはありましたか?

(細田)
「うまくみせようとしないこと」ですかね。
監督からも余計なことは思うなって言われていて
技術的なことを知らないからこそできたことかなと思います。


(関水)

監督が何度も指導をしてくださったことです。
私が本当にダメダメで、でも監督は熱い方でずっと向き合ってくださったんです。


その帰り際に、太賀さんかけてくださった言葉も印象に残っています。
『この撮影が終わったら強くなれるね』
って言ってくださって、
「がんばろう…!」と思えたのでとても心に残っています。


初めての先輩、前田敦子さんにもらった日焼け止め

町田くんの世界
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

――豪華キャストで大先輩ばかりですが、先輩方ともよくお話ししていたんですか?

(細田)
岩田剛典さん太賀さんが、『学校どうなの?』とか、色々話しかけてくださいました……!
撮影中は、本当に自分たちのことでいっぱいいっぱいだったので、
先輩方に話しかけに行くこともできなくて。
声をかけてくださったことで、緊張の糸をほぐすことができました。

町田くんの世界
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会
(関水)
みなさんお芝居も人間性も素晴らしい方たちで尊敬しています。
たくさんお話をしてくださって、うれしかったです。

まるさんも、
ちょうどAKB世代ですよね?


――そうです!そうです!
(関水)
私の役が、今回前田敦子さんとお友達役だったんです。
前田さんは、最初からお友達みたいな空気感で話しかけてくださって。
私が焼けやすいことを話したら、
『いい日焼け止めもってるよ』って翌日にプレゼントしてくださったんです。
とにかく嬉しくて、大切に保管しています。


――わーー!羨ましすぎる! 恋敵役の高畑さんとはいかがでしたか?
(関水)
高畑充希さんも本当に優しい方で!
高畑充希さんは前田敦子さんとすごく仲が良くて。
待ち時間の時に、そのお二人の輪に入れてくださって
いっぱいお話しできてすごく楽しかったです。

でも、
憧れの人たちなのですごく緊張もしていました。笑


隣にいても話せなかった、一生懸命なあの頃

町田くんの世界

――ちなみに、お互い新人ということで、ライバル意識とかは持っていましたか?

(二人) ……。
(細田) あった?
(関水)それどころじゃなかったです。笑
撮影中は本当にいっぱいいいっぱいで、
先輩どころか、(細田)佳央太くんとすらあんまり話せていない状態でした。

――いまは仲良さそうにみえますが、撮影が進むにつれて仲良くなったんですか?
(二人)……いーーや、最近?笑
(関水)最近取材が始まってから色々話すようになりました。
(細田)
撮影中とかリハーサル中は話さなかったというより、
お互い一生懸命すぎて話せなかったですね。

(関水)
隣に座っている時も、二人ともずっと台本読んでいましたね。
そのくらい一生懸命に、必死になってたな、って思います。


――撮影が終わったいま、振り返るとどうですか?

(細田)
あのくらいの熱量や一生懸命さは、
今まで出したくても出せなかったものなのかなって感じています。
なので、そこまでの想いをかけて、やれてよかったな! と思います。

(関水)
私も、今考えると「緊張しすぎ」って思うんですけど、
あのときは、カメラがあって、人にたくさん見られていて、先輩たちとお芝居して、っていう全部初めての環境だったので
「緊張するのはしょうがなかったのかな」とも思います。
でも、やっぱり一生懸命やり遂げたということは、自分の中で大きい経験になりました。



初めてづくしの日々を過ごすあなたへ


町田くんの世界

――最後に、新生活でがんばっている、大学生・新社会人に向けて一言お願いします!


(細田)

新生活はわからないことだらけだと思うんです、本当に。
でも、わからないことがあるっていうのは、恥ずかしいことでもなんでもなくて
逆に、わからないときはどんどん人に聞いて、まわりに頼っていっていいと思うので。

高校生の僕が何かいうのもあれなんですけど。笑
「堂々としていればいいのかな!」って思います!

(関水)

「いろんな人と関わって、いろんなことを知って、
いろんな人と助け合いながら過ごしてほしい」
と思います!

私が演じた猪原さんは、まわりによって傷つけられたり、
不安になってしまたりすることがいっぱいありました。
でも、町田くんや友達によって、救われた部分もたくさんあったと思います。

そんな猪原さんのように、たくさんの人に出会ってほしいです!


4月のまっすぐな気持ちを思い出せた人も多いのではないでしょうか。
「明日からもがんばろう!」と思えるようなお2人の姿でした!


映画『町田くんの世界』6月7日(金) 公開
主題歌 「いてもたっても」平井 堅(アリオラジャパン)
監督:石井裕也
脚本:片岡 翔 石井裕也
音楽:河野丈洋
企画・プロデュース:北島直明
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
オフィシャルサイト:http://machidakun-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/Machidakun... #町田くんの世界
公式Instagram:https://www.instagram.com/mach...
出演:細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子
配給:ワーナー・ブラザース映画
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会






関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催