ファッションが10倍楽しくなる! 色合わせのテクニックと色彩検定のススメ

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

ファッションが10倍楽しくなる! 色合わせのテクニックと色彩検定のススメ

大学生になって私服がメインになると、周りのオシャレな人に目が行くようになりますよね。どこかの雑誌で見たことあるような今どきのコーディネイトをしていたり、有名ブランドのアイテムをサラッと身に付けていたりする人もチラホラ。
自分もオシャレな格好をしたいけど、何を着ていけばいいか分からない。どういう服が自分に合うのかも分からないという人も多いはずです。


実は服の色に注目することによって、自分にあったファッションが分かるということをご存じでしょうか。そこで今回は、色のスペシャリストになれる色彩検定を取得して、オシャレをする方法を伝授します。


1. 色彩の知識はみんな持っている
みなさんも、「この色とこの色は合っている」のように感じることがあると思います。色彩学はその皆さんが持っている感覚を理論的に捉えるものです。中学や高校の美術の時間に色彩相関図の勉強をした人もいるのではないでしょうか。
色彩学を学べば、バランスの良い色の組み合わせを知ることができます。また、相手に見せたいイメージに合わせて色を選ぶこともできるようになるのです。


2. 自分に合った色がある
どんな服を着ても変わらない色が人間にはあります。それは髪の毛と肌の色です。髪の毛の色は自分で変えられますが、肌の色は大きく変えることができません。
したがって、自分に合った色を探すのには、自分の肌がどのような色味であるか把握することが大切です。日本人には肌の色が大きく分けて、イエローベースとブルーベースの2つに分類できます。イエローベースとは黄色味がかっている肌の色で、黄色やオレンジ、黄緑など暖かい色が似合います。
ブルーベースは青味がかった色で、紫や青などの寒い色が似合います。この2つを見分ける方法にはいろいろありますが、手のひらをぎゅっと握って開いた後、血色が「サーモンピンクに近い赤」の人はイエローベース、「青っぽい赤」の人はブルーベースとなります。

とは言え、この見分け方はとても難しいので、確実に知りたい方はプロの方に判断してもらうのをお勧めします。
1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催