インターンシップのメールの書き方【シチュエーション別例文付き】 3ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. インターンシップのメールに欠かせない基本のマナー
  2. 選考結果が来たときのメールの書き方
  3. インターンシップのお礼メールの書き方は?

お礼のメールを送ろう!

インターンシップのお礼メールの書き方は?

インターンシップが無事に終了したら、企業へお礼のメールを送ります。いわゆる「お礼状」というものですね。お礼状は「直筆の手紙」のほうが丁寧という意見もありますが、現在はメールで送るのが一般的です。以下にお礼メールの例文をまとめてみました。

【インターンシップのお礼】

件名:【インターンシップのお礼】□□大学 ××××(氏名)

株式会社○○
人事採用グループ
△△ 様

お世話になっております。
□□大学の××××と申します。
先日の貴社インターンシップでは大変お世話になりました。

このたびは貴重な機会を賜り、誠にありがとうございました。
貴社の仕事内容について理解を深めるだけでなく、社会人としての心構えや働く姿勢について学ぶことができました。

特に私が志望する営業部の先輩方に同行し、取引先企業様とのやりとりを見せていただけたことが印象的でした。先輩方のスキルの高さに驚くとともに、自分がいかに未熟であるかを知ることができました。この機会を自分の成長に生かせるよう、精進して参ります。

今回は貴重なお時間を割いてご指導いただきまして、誠にありがとうございました。取り急ぎ、メールにて御礼申し上げます。

インターンシップのお礼では、このようにただ感謝の意を伝えるだけでなく、

・実際の就業を体験してどう感じたか
・会社の雰囲気はどう思ったか
・自分にとってどんなところがプラスになったか
・インターンを通じてどんな課題が見つかったか

などをまとめることがポイント。そのためには、インターンシップ中に印象的だったことをメモしておくなど、後で情報を整理できるような工夫をしておくといいでしょう。

またお礼のメールを出すタイミングは、インターンシップを終えた日か、翌日中には送るようにするといいですね。

「インターンシップに関するメールの書き方」をシチュエーション別にご紹介しました。インターンシップに臨む前に「書き方」をしっかり覚えておけば、失礼なメールを送ってしまうことなく、感謝の気持ちをしっかり伝えられるでしょう。

(中田ボンベ@dcp)

1 3

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催