【日本旅行の先輩社員】新宿法人営業部 法人1部営業2課:櫻井隼さん

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

日本旅行の櫻井さん

プロフィール:櫻井 隼(さくらい しゅん)
中央大学文学部卒業。2015年4月に株式会社日本旅行に入社し、2017年現在入社3年目。新宿法人営業部法人1部営業2課に所属し、法人団体の旅行や会議案件の企画を担当する。

明治38年創業、日本でもっとも長い歴史を持つ旅行会社・日本旅行。国内旅行や海外旅行など、人々が安心・安全で楽しい旅行ができるように、長年サポートしてきました。今回はそんな日本旅行で、法人向けの営業を担当する櫻井さんにお話を伺いました。いったいどんな理由で日本旅行に入社し、日々どんな姿勢でお仕事に取り組んでいるのでしょうか? 実際に仕事のやりがい、学生時代の経験を聞いてみました!

社会人編日々、お客様に支えられながら成長している

今のお仕事はどんな内容?


櫻井さん1


入社して1年目は、地方創生事業に携わり、地域に観光客を呼び込むため、地方自治体や観光施設に営業を行っていました。その後現在の部署に異動し、主に団体旅行を取り扱う法人営業を行っています。

取り扱う旅行内容はさまざまで、日帰り旅行から社員旅行を始め、企業で優秀な成績を収めた方を対象にした報奨旅行や招待旅行、表彰式やパーティーの他、会議案件も多く、企業の会議、研修、視察、総会の案件なども担当。またそれに伴い国内・海外問わず実際にお客様に同行したりと、企画提案からその後の打ち合わせはもちろん、当日の添乗、終了後の精算まで幅広い業務に携わっています。

一番楽しかった&つらかった仕事は?


初めての海外添乗で、ラスベガスとサンフランシスコに行ったことが一番印象に残っています。上司に同行しての添乗でしたが、オプショナルツアーでは自分一人でお客様をツアーにご案内しました。てっきり日本語のガイドさんがいると思っていましたが、そのときは日本語のガイドさんがいなかったんです。終始緊張でとても不安でした。英語はあまり得意じゃなかったので…その時は身振り手振りでなんとか乗り切ることができたのですが、語学力がないとダメだな、というのを痛感しました。そんな中でも自分の姿を見て応援してくれる方や逆にイジッて楽しんでくれたりと思い出に残る楽しいツアーとなりました。

国内でも予測不能の出来事に焦ってしまうことがあります。特に交通渋滞は頻繁に遭遇するハプニングの一つですね。事故渋滞と高速道路の渋滞に連続で巻き込まれてしまって、全体でも行程が1~2時間くらい遅れてしまったツアーがあったんです。渋滞でなかなかバスが進まないので、車内の雰囲気もだんだん悪くなりかけましたが、そんな中カラオケやゲームを提案することで、なんとか悪い空気をいい方向に持っていくことができたんです。お客様からも盛り上げようとしてくれているのを感じて、そういうときは周りに支えられているのを実感し嬉しい反面、このお客様のためにもっと頑張らなきゃなとより一層思いますね。

今の会社を選んだ理由は?


もともと多くの人と関われる仕事がしたかったことと、好きなことを仕事にしたいと思い就活を始めました。特に旅行が好きだったことから、「旅行会社で営業がしたい」と思って、旅行会社を中心に就活をしていました。

その中で今の会社を選んだ決め手は、面接を通して人事の方や実際の先輩社員と話していくうちに、温かい社風や人のよさをとても感じられたことでした。学生だった僕の悩みも親身に聞いていただいて、「この人たちと一緒に働きたい」という思いを抱き、それが他社と比べても一番強かったので決めました。

1

関連記事

「先輩ロールモデル」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催