【ユニ・チャームの先輩社員】Japan営業統括本部:太田悠貴さん

学生の窓口編集部NA
2017/08/04
キャリア
あとで読む

ユニ・チャームの太田さん

プロフィール:太田 悠貴(おおた ゆうき)
産業社会学部卒。中学時代から本格的に野球を開始したが、高校3年生のときにスランプを経験。一度は辞めようと思ったが、父の思いを母から聞いたのを機に奮起して大学時代も野球部のピッチャーとして活躍。2013年にユニ・チャーム株式会社に入社し、Japan営業統括本部 PersonalCare営業本部 首都圏Account2部に所属。スーパーやドラッグストアの営業担当として2016年には社長賞を受賞するなど、高い実績を上げている。

生理用品やベビー・大人向けおむつ、ペットケア商品など、私たちの暮らしを快適に、より豊かにするためのものを数多く手がけるユニ・チャーム。消費者の私たちにとっても身近な企業ですよね。1961年創業と会社の歴史は長く、早い時期から日本市場が成熟化すると見込み、アジアをはじめとするグローバルマーケットへと進出しています。そして現在は、ベビーケアやフェミニンケア、ヘルスケアの分野で、アジア地域のトップシェアを誇っている会社です。 今回お話を聞いたのは、2016年に社長賞を受賞した期待の若手社員、太田悠貴さん。中学時代から野球一筋で、朝から晩まで練習を続けた太田さんの学生時代に得られたものとは……。そして今の仕事で生きていることとは? ビジネスの最前線で活躍する先輩社員の姿に迫ります。

▼ユニ・チャーム株式会社の先輩社員をもっと見る!
ユニ・チャーム株式会社の先輩一覧



社会人編ピッチャー時代に養った、物事を俯瞰する力が今でも大事

今のお仕事はどんな内容?


営業として大手のスーパーとドラッグストアを担当しており、売り上げを伸ばすための売り場作りや売り方などの仕掛けを考えて提案しています。

スーパーとドラッグストアでは、お客様の層も売れる商品も違うので戦略を変えなければいけません。バイヤーさんや売り場のスタッフさんから聞いたことや、実際の売上から分析した数字などを見て、仮説を立てて営業先への戦略の提案をしていきます。しかし仮説どおりに動いても、なかなか売り上げが伸びないというケースもあります。そんなときには「なにが問題なのか」を細分化して考え、探っていきます。データやお客様の声だけではどうにもならないときには、実際に売り場に行って様子を見て、原因を探り、売り上げを上げるための仕掛けを練り直すこともあります。

一番楽しかった&つらかった仕事は?


【ユニ・チャームの先輩社員】Japan営業統括本部:太田悠貴さん


これまで4年間、あるスーパーを継続して担当してきたのですが、なかなか売り上げの実績が伸びずに悩んでいました。「原因はなにか」を探ろうとしても、答えが見つからない。でもあるとき、スーパーA、スーパーBなどとスーパー同士を競合として考えていたけれど、スーパーの競合になるのは同じスーパーだけではなく、近隣のドラッグストアではないかと気づいたんです。そこで思い切って、売り場の見せ方など、戦略を大きく変えることを提案。その後徐々に効果が見え始め、やがて売り上げが大きく伸びました。

2016年にはその実績が認められて、「社長賞」をいただくことに。賞をもらえたこと自体もうれしかったのですが、それよりもお客様から「そういう(賞を受けるような)人が担当であることは誇りです」と言っていただけたのが感慨深かったです。今後もお客様の信頼を得ることで実績を積み重ね、将来的には、経営にインパクトを与えられるような大きな商談を成功させたいですね。

今の会社を選んだ理由は?


正直に言うと、業界・企業を絞って見ていたわけではなく、就職活動の解禁日にエントリーが始まると、一斉にいろんな会社に応募しました。少し選考が進むと、その中で受かるところ、落ちるところが出てきます。その中から自分に合った会社を絞り込んでいきました。

私には姉がいるのですが、すでに金融業界で働いており、いろんな会社を見て知っているので、「この業界どう思う?」と意見を聞きながら情報収集。姉と話をするうちに、同じ営業職でも目に見えないものを売るよりも、メーカーのようにお客様への貢献度が見えやすいところのほうが向いているんじゃないかと思うようになったんです。

ユニ・チャームについては、業績がずっと伸び続けていて、女性向け商品を取り扱う業界のなかでもナンバーワンの立ち位置にいるところに惹かれました。私は中学から肩を故障するまで野球一筋で、プロ野球や社会人野球の選手を目指していました。一度は本気で野球の世界で頂点を目指そうと思ったからこそ、社会に出て働くことになってからも、本気で勝負に出られる環境を選びたいという気持ちが強くありました。そこでユニ・チャームの会社説明会に参加したときに、「この会社なら世界を目指せる」と思ったことが入社の決め手になりました。

次のページ太田さんが学生時代に力を入れたことは?

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催