新幹線の学割の買い方とは? 使うときの注意点も確認しよう

学生の窓口編集部TO
2018/01/23
国内旅行
あとで読む
目次
  1. ■新幹線を学割で利用したら2割引!
  2. 新幹線の学割を利用するときの注意点は?
  3. 学割を使ってお得に新幹線に乗ろう!
  4. 他にも使ってみたい新幹線いろいろ!
  5. お得な旅のプランはこちら!

新幹線の学割

学生時代は、「学割」というサービスによってさまざまな場面で優遇されます。しかしそのお得さが本当にわかるのは、卒業して社会人になってしばらく経った頃ではないでしょうか。大学生のみなさんは、今のうちに学割を最大限に利用してエンジョイしたいところ。ということで、今回は新幹線の学割についてまとめました。学生のうちにお得な旅を楽しみましょう。

▼こちらもチェック!
【新幹線の学割】料金やお得な買い方まとめ! 帰省前にチェック

■新幹線を学割で利用したら2割引!

学割を利用したら新幹線の乗車券がなんと2割引になる! 新幹線のさまざまな割引制度の中で学割が最も割引率が高いといわれています。学生のみなさんは利用しない手はないですね。ただし、JR線の定期券などを購入したことのある人はご存知かと思いますが、JRで乗車券を購入する際には、通っている大学などで、学割証を発行してもらう必要があります。学割は、乗車する区間の距離によって、使える場合と使えない場合とがあります。学割が使える距離やその他のお得な割引制度などについて見て行きましょう。

■学割を使って新幹線に乗車するための手続き

<路線検索サイトなどであらかじめ距離を調べておこう!>

学割が使えるのは、乗車する片道の距離が101km以上であることが条件になっています。あらかじめ、路線検索サイトなどで乗車する区間の距離を調べておくようにしてください。出発駅と到着駅を入力して検索すると、ルートと共に距離などが表示されます。この距離が101km以上あるかどうか確認するようにしましょう。

<学生課や教務課などで学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)を申請>

片道の距離が101km以上あることを確認したら、学割を購入するために大学の教務課や学生課などで、学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)を発行してもらいます。なお、学割が利用できるのは特急券と乗車券のうちの乗車券のみとなっています。学割を利用すると通常価格の2割引で乗車券が購入できます。

JRの場合は、学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)がなければ割引してもらえないので注意しましょう。往復乗車券を購入する場合は、1枚の学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)ですみますが、片道ずつ購入する場合には2枚必要になるので、学生課の窓口で申請する際に2枚発行してもらうようにしてください。

■新幹線の学割乗車券の購入方法

大学の学生課窓口などで学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)を発行してもらったら、JRのみどりの窓口などで出発駅と到着駅を伝えて学割乗車券が購入できます。ただし、インターネットや自動券売機などでは学割乗車券は購入できません。必ず販売スタッフが常駐している販売窓口を利用してください。購入にはクレジットカードの利用も可能です。

大学の発行機では、1日の発行枚数が1人3枚まで、年間の発行枚数が1人10枚までなどの制限が設けられている場合があるので、制限枚数以上の学割証が必要な場合は、窓口に申し出るようにしましょう。なお発行手数料は無料です。

次のページ新幹線の学割を利用するときの注意点は?

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催