引越しのやることリストまとめ! 欠かせない事前準備を楽しく済ませよう 2ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. ■引越しする前にチェックしておきたいやることリスト
  2. めんどうだけど早め早めにやっておきたいのがネット&公共料金!
  3. 転送届けやPCのバックアップも忘れずに!
  4. いよいと引越し本番! 準備すべきものを最終チェックしよう
引越しのやることリスト6.電話やインターネットの手続き

電話とセットになっているインターネット契約が多いので、そのような場合、電話の移動手続きと同時にインターネットのプロバイダー手続きも行うようにしてください。電話会社に問い合わせるとプロバイダーの連絡先などを教えてくれるので、手続きを行いましょう。プロバイダーによっては数日中断してしまう恐れがあるため、インターネットが一時的にでも通じないと困るという方は、スマホで代用するなどの対応策を考えておくようにしましょう。新居のネット環境や通信速度の確認も重要事項の一つです。


引越しのやることリスト7.電気・水道・ガスの停止手続き

引越しする数日前に、電力会社や水道局、都市ガス会社などへ停止の連絡を行いましょう。そして、引越し当日までに停止手続きを行います。


引越しのやることリスト8.新居の電気・水道・ガスの開始手続き

新居の入居日が決まったら、早めに開始の日時を電力会社や水道局、都市ガス会社などへ連絡して開始手続きを行いましょう。早めに手続きをしておくと、引っ越したその日から電気や水道、ガスが使えます。

尚、最近はインターネットで停止・開始の手続きが行えるようになっています。慣れている人は、インターネットでの手続が便利です。


引越しのやることリスト9.引越しの数日前に転出届

現在住んでいる地域から他の市区町村へ移動する場合には、現在住んでいる市区町村の役所に転出届を提出して転出証明書を発行してもらいます。この転出証明書は、新居のある市区町村の役所へ2週間以内に提出しなければなりません。転出証明書を引越し先の役所に示して、転入届を提出してください。同じ市区町村へ引越しの場合は、役所で転居届を出します。


引越しのやることリスト10.印鑑登録している場合

印鑑登録は居住している市区町村で行うものです。他の区域へ引っ越す場合は、印鑑登録廃止届を提出する必要があります。その際には、登録している印鑑と身分証明書を提示してください。印鑑証明が必要な場合は、新しい住所の市区町村でまた印鑑登録を行います。

同じ市区町村へ引っ越す際には住所変更を行うと自動的に印鑑登録上の住所も変更されますので、改めて印鑑登録をする必要はありません。

2 4

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催