おしゃれな部屋に変身! プロが解説するおすすめインテリア&配置のコツ 2ページ目

編集部:いとり
2017/07/13
入学準備・新生活
あとで読む
目次
  1. 部屋の広さに合ったサイズや部屋のイメージに合った家具を選ぶ
  2. 一人暮らしにおすすめのインテリアの選び方
  3. おしゃれ部屋を実現するレイアウトの基本とは?
■おしゃれ部屋に激変?! 一人暮らしにおすすめのインテリア



収納タイプのベッド

狭い部屋の一人暮らしに適したベッドはさまざまなタイプがありますが、おすすめなのはベッドの下が引き出しになっているタイプです。跳ね上げ式の場合、収納量は圧倒的に大きいですが、出し入れのしやすさでは引き出しタイプに軍配が上がります。また、跳ね上げ式ベッドの場合、マットを上に上げるのも面倒な作業になってしまうかもしれません。ほかにも、スペースを有効利用するための折りたたみベッドなどは、寝心地の面で問題があるケースも。睡眠は大切なので、寝心地と収納の両方を重視するなら引き出しタイプのベッドがおすすめです。

組み合わせ自由なキューブボックス

見せる収納も隠す収納もキューブボックスで自由自在。こんな収納グッズがあれば部屋がすっきり片付けられます。扉タイプ・引き出しタイプ・棚付きタイプ・オープンタイプ・ワイドオープンタイプなどがあり、1色使いでもツートンカラーでも好きに組み合わせが可能です。個性のある組み合わせで好きな形を作り、あなたのセンスを光らせましょう。

折りたたみ式ローテーブル

一人暮らしでも食事をしたり、お茶を飲んだりするためのテーブルは必需品です。折りたたみ式テーブルなら、必要のないときは折りたたんで部屋を広く使えて便利です。また床に直接座るタイプのテーブルなので、椅子が必要ないためスペースを広く使えます。

機能付きスタンドミラー

大学生でも身だしなみは大切ですね。ミラーは必需品ですが、全身が見えるスタンドミラーに機能性が付加されたタイプがおすすめです。ミラーのサイドに洋服やバック、帽子などが掛けられるハンガーミラータイプや、小物・アクセサリーなどを収納できるタイプもあります。玄関スペースや部屋のコーナースペースに配置しましょう。

フロアスタンド

部屋のコーナーやデッドスペース、ベッドサイドなどにフロアスタンドを配置してみましょう。おすすめは角度調整が自由な3灯タイプのもの。壁やフォーカスポイントに光を照射して、奥行感や広がり感を出すと部屋がぐっとおしゃれな印象になります。必需品ではありませんが、フロアスタンドがあれば部屋が一段と引き立ちます。

大きなデスクが必要ない人にはパソコンデスクキャビネット

大学生でも、あまり大きなデスクは必要がない人という人もいるでしょう。でもパソコンだけは必需品。パソコンデスクキャビネットは、ノートパソコンが収納できるスライド棚が付いていて、ルーターやコード、プリンターなども全部きれいに収納できる優れもの。パソコンを使用するときは、スライド棚を引くだけです。パソコン周辺ってどうしてもごちゃごちゃしてしまいますよね。このキャビネットならすっきり片付きます。ノートパソコンだけでなく、もちろんデスクトップパソコンにも使用可能です。デスクトップパソコンの場合、ディスプレイはキャビネット上部に置き、キーボードを収納することになります。

次のページおしゃれ部屋を実現するレイアウトの基本とは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催