14Tポイントが貯まる、使える!詳しくはコチラ

アジアについて考える。ハーバード大学主催の国際会議HPAIRに行ってきた【学生記者】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち

お気に入りに登録

アジアについて考える。ハーバード大学主催の国際会議HPAIRに行ってきた【学生記者】

誰もが聞いたことのあるアメリカの有名大学ハーバード。実は毎年、ハーバード大学主催で全世界の学生を対象とした国際会議「HPAIR」というものが開かれているのを知っていましたか? 今回は私が2017年2月17日〜20日に行われた HPAIR2017に参加してきましたので、その様子をご紹介します!

▼きゃれさんの書いた記事をもっと読む!
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/416

■そもそもHPAIRとは?
http://www.hpair.org/

HPAIRとはHarvard Project for Asian and International Relationsの略でハーバード大学の学生が主体となって運営している国際会議です。HPAIRは1991年に発足、2008年以来、年に2回開催されています。

各会議には300人以上の学生が世界中から集まり、社会問題・医療問題・経営問題・環境問題・政府問題などの興味分野に分かれ、ディスカッションやケーススタディを行います。また、さまざまなフィールドで活躍しているゲストスピーカーによるプレゼンテーション、ネットワーキングを目的として交流会も行われ、世界中から集まる人々と出会うことができます。

アジアをテーマにした国際会議のため、参加者の多くはアジア人ですがヨーロッパからの参加者もいます。今後アジアがよりよい国へと発展するためにはどうしたらいいか、これから将来を担う私たちの役割とはなんなのかなどについて各プログラムを通して学んでいきます。

■HPAIR2017に関して

今回私はアジアの移民問題や社会問題について考えるHumanitarian Affairsという分野で参加しました。ケーススタディでは中国の戸籍、戸口制度問題について4~5人のグループにわかれてディスカッションを行い、改善方法を提案し発表しました。残念ながら賞はいただけませんでしたが、今まで知らなかった戸口制度について知識を深めることができたのでよかったです。

また、4日間で20人ほどのゲストスピーカーのお話を聞くことができました。起業家やハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の教授、国連で働いている方、サムスンなどの大手企業で働いている方などからそれぞれがどんな人生を生き、リーダーに必要な能力はなんだと思うか、そして人生の先輩として私たちへのアドバイスなどを話していただきました。

Icn nextpage次のページ:HPAIRに参加するメリットは?

関連記事

合わせて読みたい

おすすめの記事

記者プロフィール

Thumb c8db63ea147289978f7d

きゃれ

ニューヨーク州立大学 ストーニーブルック校 4年

経営学とアジア学のダブル専攻、日本学副専攻しています。高校3年生の11月にアメリカの大学に急遽進路を変更。「人生楽しい?」と聞かれた時に「楽しい!」と即答できる毎日を目指しながら大学ではコーチングや日本語講師のアルバイトをしています。海外進学・正規留学・アメリカの大学について自身の経験をもとにみなさんにシェアしていきたいです!

マイニュースを設定すれば、
気になる学校周辺のローカルな話題が見つかります!

設定はこちら


今日の学年別おすすめニュース

会員登録いただくとおすすめニュースをご覧いただけます。