恋愛偏差値や出身地……進級・進学をきっかけに体験したマウンティング4選

編集部:すい
2017/03/31
入学準備・新生活
あとで読む

春は進級・進学の季節。新しい環境に身を置くことになり、初対面の人と会話をする機会も増えますよね。うまく会話で打ち解けて仲良くなれたらいいのですが、初対面の自己紹介でやりがちな「出身地」「出身学校」「今までの恋愛について」などの話題をきっかけに、相手より自分が優れていると見せつける「マウンティング」トークになってしまうことも……。また、高校デビュー・大学デビューに乗り遅れまいと、言葉だけでなく態度でマウンティングして周りを牽制する人も現れます。そこで、今回は春の進級・進学の際にあったマウンティングの経験について大学生のみなさんに聞いてみました。

▼こちらもチェック!
タワマンのママ友並にドロドロ?! 現役大学生がキャンパスで「マウンティング」を感じた瞬間5選!

■春の入学や進級の際に、周りの人からマウンティングされた、もしくはしてしまったという経験はありますか?

・はい…162人(38.8%)
・いいえ…256人(61.2%)

4割近くの方がマウンティングの経験がありました。具体的にどんなマウンティングがあるのかを見ていきましょう。

■学力の差

・言葉にはしないが、自分より偏差値の低い大学に行った人を内心見下しているところがある(女性/21歳/大学3年生 )
・高校の偏差値の話やスポーツの話などで、聞いてもないのにアピールをされたことがある(男性/23歳/大学4年生)
・推薦入試ではなくセンター利用で入った、第一志望は国公立だったなど地頭がいいアピールを無意識にしていた(女性/19歳/大学1年生)
・幸せそうな友達を見て、でも私はその子より学歴が高い、と思ってしまった(女性/19歳/大学1年生)

成績や学力、出身高校はわかりやすく能力の差を比較できるため、マウンティングの経験がある人が多くいました。言葉にして伝えたわけではなくても、心の中で黒いわだかまりができてしまったという人は少なくないようですね。

■友達作り

・かわいい女の子と交流を持ち、周りを牽制した(男性/24歳/その他)
・サークルの新歓のときに、サークルに合っていそうなかわいい子に声を掛け続けた(女性/21歳/大学3年生)
・性格が派手な子と仲良くするようにし、自分も優位に立てるようにしたことがあるから(女性/22歳/大学4年生)
・話しかけてもスルーされたりした(女性/22歳/大学4年生)

華やかな学生生活を送るため、自分やサークルの株をあげるため、美人やかわいい人と親しくなろうとする人はいますよね。

次のページ恋人いるアピールのマウンティングも……

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催