【連載】 『あの人の学生時代。』 ♯2:お笑い芸人トレンディエンジェル斎藤司

学生の窓口編集部(S)
2017/01/05
【連載】 あの人の学生時代。
あとで読む

【連載】 『あの人の学生時代。』 ♯2:お笑い芸人トレンディエンジェル斎藤司

著名人の方々に大学在学中のエピソードを伺うとともに、今の現役大学生に熱いエールを送ってもらおうという本連載。2回目のゲストは、2014年THE MANZAI優勝、2015年M-1グランプリ優勝と、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いでブレイク中のトレンディエンジェル・斎藤司さん。斎藤さんはどんな大学生活を送っていたのか、またなぜお笑いの世界へ入ることを決めたのかなど、気になるいろんなことを聞いてきちゃいました!


▼コチラもチェック!
「いい言葉についていけ」―現役大学生、萩本欽一さんが大学生に伝えたいこと

バイト代は全部洋服につぎ込んだ学生時代


―斎藤さんは日本大学の商学部に行かれていましたが、なぜ日大に行くことに?

付属の学校に通ってたんです、日本大学高等学校っていう。なので、面接で入りました。

―商学部を選んだ理由は?

汎用性というか……、例えばマーケティングって、どんな仕事にも通ずるものがあるかなって思って。あとは、正直商学部は男女比が半々かなっていうイメージがあったんで、そういうのもちょっとありました。本当は1回青学(青山学院大学)に憧れたんです。キレイな人がいっぱいいるイメージがあって(笑)。でも結局学力面で断念したんですけど。

―じゃあ、そんなに真面目に勉強していたわけではない?

そうですね、正直そんなに真面目にはしてなかったと思います。ゼミではゼミ長をやっていて、国際経営とかのゼミだったので、社会とか会社の仕組みに少し興味を持ったというのはありましたけど。

―バイトはしていましたか?

していましたね。鉄板焼き屋と喫茶店でホールの仕事をしてました。ホールの方がいろんな人を見れるなと思ったし、結構下心もありましたね、かわいい女の子がいないかな、とか(笑)。サークルは入ってすぐ辞めちゃったんで、自分の大学の女子とはそんなにいい関係にならなくて。別の大学の人とか、僕当時英会話やってたんで、英会話の営業の人とか……。

―英会話の営業の人(笑)!? じゃあ、結構恋愛経験も多かったんですか?

この記事は会員限定です。ログインすると続きをお読みいただけます。

会員でない方はこちら

今すぐ登録

会員の方はこちら

ログイン

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「その他」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催