年末、人生を考えてみては? 世界で最も貧しい大統領・ムヒカ元大統領に学ぶ生き方【学生記者】

里慶
2016/12/30
入学準備・新生活
あとで読む

こんにちは。横浜市立大学の里慶です。

▼里慶さんの書いた記事一覧
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/316

先日アメリカではトランプ氏が大統領に当選し、世界を震撼させましたね。これからどんな時代になるのかわかりませんが、大きな変革の時期になるであろうと予想されます。今日は例えどんな時代になっても、人間として忘れてはいけない大切なことを教えてくれる、ウルグアイのムヒカ元大統領(以下、ムヒカ氏)について取り上げます。「世界で最も貧しい大統領」という異名を持っていた彼の言葉には重みがあります。今回はムヒカ大統領が語ったことのうち、2つの考え方をピックアップしてご紹介します。

1.知足の感覚を持つ

「人間は欲望のかたまりで、これには際限がなく、それを求め続けることが必ずしも幸せにつながるとは限らない」とムヒカ氏は語っています。それを踏まえて「知足の感覚を持つ(みずからの分をわきまえて、それ以上のものを求めない。分相応のところで満足する)」ことが大切と述べています。これはなにも目新しい考え方ではないですが、現存する大統領が改めてこのようなことを言うことに重みが感じられますよね。現に彼自身の生活はとても質素で、人に言うだけでなく、自分自身でもこの考えを実践しているのことがわかります。

2.大切なのは物ではなく、時間である

ムヒカ大統領は現代の消費主義社会に警告を発しています。現代人は新しい車、新しい商品、新しいスマホなど物質的な欲望に囲まれて生きています。しかしこれにも際限がなく「もっとほしい」という欲にかられますよね。生きていく上で大切なのは健康とそして大切な人と過ごす時間です。スマホにばかり夢中になって大切な人との時間をないがしろにしていませんか? 物質的な欲に負けて、本来過ごすべき人との時間を忘れてはいませんか? ムヒカ大統領は、人々がそのような考えを持つことでますます格差が広がり結果的に世界全体の生活レベルが下がり、ストレスや生きづらさを生むと警告しています。

まとめ

「本当の貧乏とはいくらあっても満足しない人」とムヒカ大統領はいいます。日々の生活に感謝し、今あるもので満足できる人になればもっと楽に生きることができるかもしれませんね。大統領としてだけでなく、人間としても立派なムヒカ氏から学べることはたくさんありそうです。ここで紹介したことはムヒカ大統領の考え方のほんの一部なので、ぜひみなさんもムヒカ大統領について調べてみてください。

文・里慶

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催