「TOEIC」と「TOEFL」の違いって? 試験内容を解説!

編集部:いとり
2016/11/06
資格
あとで読む

大学生のうちに英語力を高めておきたいと思う人は多いでしょう。また、留学のために英語を勉強しておきたいという人もいると思います。自分の英語力がどのくらいあるのか、それを判定する試験といえば「TOEIC」「TOEFL」が有名ですよね。みなさんはこの2つの試験の違いについてご存じでしょうか? ここでは、意外と知らない「TOEIC」と「TOEFL」の違いを解説します。2つの違いを知って、目的に合った試験を選びましょう。

■「TOEIC」「TOEFL」は同じETSが開発したもの! 2つの違いは?

実は、TOEICもアメリカの非営利団体『Educational Testing Service』(略称ETS)が開発したテストなんです。それでは、まずTOEICとTOEFL、この2つの試験の概要を見てみましょう。

●TOEICの概要

はTest Of English for International Communicationの略で、日本で発案された試験です。1977年(昭和52年)に、ETSへ試験の開発を依頼し、1979年(昭和54年)に第1回の試験が実施されました。これには、これからの時代は日本企業もグローバルに活躍していかなくてはいけない。そのためには英語のコミュニケーション力が必要と考えた当時の通商産業省、そして経済団体の強い後押しがあったといわれます。ですので、今でも日本の企業では社員にTOEICの試験を受けてその点数を向上させるようすすめることが多いのです。

●TOEFLの概要

はTest Of English as a Foreign Languageの略で、英語を母国語としない人の英語のコミュニケーション能力を測るためにETSによって1963年(昭和38年)に開発され、1964年(昭和39年)に初めて実施されました。現在では、英語力検定試験として世界130カ国、9,000以上の機関でTOEFLのスコアを、入学、留学、奨学生の採用などの基準として採用しています。留学を考えている大学生のみなさんは、留学先の学校の条件にTOEFLのスコアについて記載された項目を見ることも多いでしょう。

次のページTOEICとTOEFLの試験内容の違いは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催