美術館やテーマパークが割引に! 海外旅行や留学で使える「国際学生証」って?

編集部:はまみ
2016/10/25
学生旅行
あとで読む



大学生を対象にした学割サービスには多種多様なものがありますが、その恩恵にあずかるためには「学生証」の提示が必要ですね。日本国内はそれでOKなのですが、海外旅行に出掛けると日本の学生証は通用しません。ですが「国際学生証」という便利なものがあって、これを持っていると海外の学割を使えたり、身分証になったりするのです。

「国際学生証」は「ISIC」(International Student Identity Cardの略)と呼ばれます。このカードは、ユネスコの承認の下に世界青年学生教育旅行連盟(WYSETC)が発行しており、世界133カ国で使用できる、いわば世界で通用する学生証です。「国際学生証」は海外での身分証になりますし、また133カ国でさまざまな「学割サービス」を受けることができるのです。例えばフランスでは、

・ディズニーランドパリ:10-30%OFF
・ユーレイルパス(25歳未満)20%OFF
・ほとんどの美術館、博物館で割引サービスが受けられる

といったメリットがあります。海外で学割サービスが利用できるのはうれしいですね。

■国際学生証を取得するには?

「ISIC」には「STUDENT」「SCHOLAR」の2種類があって、それぞれの対象は以下のようになっています。

●STUDENT
大学・短大・大学院生の本科生
高等専門学校4・5年生の本科生
専門学校(専修学校専門課程)の本科生

●SCHOLAR
中学・高等学校生
高等専門学校1-3年生
高等専修学校(専修学校高等課程)
専修学校一般課程の本科生

大学生のみなさんは「ISIC STUDENT」を取得することになりますね。カードの発行代金は1,750円(税込み)です。ただし、郵送で申し込む場合には2,300円(税込み)です(手数料・送料込み)。「ISIC STUDENT」を申請する場合には、以下の書類が必要になります。

・申請書
・写真(縦3.3cm×横2.8cm)
・学生証のコピー、または在学証明書のオリジナル……1通
・休学中で学生証の有効期限が切れている場合は休学証明書(休学期間の記載が必要)
※有効期限、発行年月日が裏面に記載のある場合は裏面のコピーも必要
※学生証のコピーは余白部分を切って原寸大を添付する

発行所は日本全国各地にありますが、大学生協に設けられていることが多いです。申請もそこで受け付けてくれます。また、発行所によっては即日発行してくれるところもあります(発行に要する時間は各発行所、またカードの在庫の有無によって異なります。あらかじめ確認しておくことをお勧めします)。発行所については以下のリンクを参照してください。

⇒全国大学生活協同組合連合会 「国際学生証」の発行所一覧
http://www.univcoop.or.jp/uct/hakko/

次のページ有効期間が切れないように要注意!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催